フロリダ州タンパベイエリアで楽しく暮らすための情報ページ

特集:タンパベイエリアのアジア系食料品店(その4)

特集:タンパベイエリアのアジア系食料品店(その4)

Normal 0 false false false EN-US JA X-NONE ...
続きを読む

特集:タンパベイエリアのアジア系食料品店(その3)

特集:タンパベイエリアのアジア系食料品店(その3)

Normal 0 false false false EN-US JA X-NONE ...
続きを読む

被災地訪問 その1

被災地訪問 その1

タンパベイの東北支援クラフト活動でも大活躍の、へスター貴美子さんとご主人フィルさんが、十月中旬お里帰りの際、我々とご縁の深い岩手県陸前高田市の広田小中学校および同市の方々や、宮城県気仙沼市の「番屋みんこま」さんを訪問なさいました。 プロ並みのフォトグラファーで知られるフィルさん撮影の写真の数々に貴美子さんがコメントを添えて下さり、訪問の間の感想まで記して下さったので、今月号からシリーズで、掲載させていただきます。(フィカラかこ) ❖ ❖ ❖ ❖ ❖ ❖ ❖ ❖ ❖ 2012年10月18日(木) 朝早く東北に向けて出発しました。 東北大震災の後、この一年半ほどずっと、一度現地を訪ねたいと思ってい...
続きを読む

国際離婚手続き(米国&日本)その2

10月号に引き続き離婚手続きの特集です。フロリダ州離婚裁判等書式 は、色々あります。書式は、ウェブから簡単に取り出すことが出来ます。 裁判所で必要なものは、身分が確認出来る運転免許証と本人と相手側の ソーシャル、セキュリティー番号、生年月日結婚日です。 後はその書式に全て詳しく記入して裁判所に提出か弁護士に委任致します。 ...
続きを読む

特集:タンパベイのアジア系食料品店(その2)

特集:タンパベイのアジア系食料品店(その2)

今月もアジア系の食料品店特集の続きです。 ********** Hangook Mart 7030 W. Hillsborough Ave., Tampa, FL 33634 電話(813) 886-4554 営業時間:月〜土:9:00a.m. to 9:00 p.m. 日:9:00 a.m. to 8:00 p.m. ...
続きを読む

特集:国際離婚手続きについて(米国&日本)その1

特集:国際離婚手続きについて(米国&日本)その1

国籍の違った者同士の結婚は、国の違い、文化の違い、法律の違い、言葉の問題などがあり、結構大変なことがありましたが、離婚となると、子供の問題を含めて、その大変さは、想像を絶するものがあると聞きます。できれば、避けたい離婚、でもいざと言う時の知識を持っていることは、自分を、子供を、家族を守るために大変大切だと思います。どこからスタートしていいのかもわからない世界でもありますが、わかる限りで、調べてみました。まず離婚を考えた場合に何をすべきか、親権のこと、慰謝料のこと、弁護士をたてること、ハーグ国際協定、フロリダ州の離婚、日本での離婚、そしてリンク集などを3ヶ月にわたってレポートいたします。但し、私...
続きを読む

特集:タンパベイのアジア系食料品店 (その1)

特集:タンパベイのアジア系食料品店 (その1)

一昔と比べるとタンパベイエリアにも随分とアジア系の食料品店が増えました。アジア系と一言で言っても、実際には日本、韓国系、中国系、ベトナム系、不明系(笑)と色々です。他の国のエスニックだけれど、日本人好みの食材を発見するのも楽しみですし、もちろん日本から遠くはなれた日本人も少ない当地で日本のものが入手出来るありがたさもひとしおです。そんな私たちの生活に幸せをプラスしてくれるアジア系のお店を数ヶ月わたってご紹介したいと思います。 ...
続きを読む

特集:私の健康法

特集:私の健康法

健康第一!健康な時はあまり何にも感じていなくても、ちょっと調子が悪くなったりすると、日頃からだがきちんと機能してくれていることのありがたさをしみじみ感じます。皆さんの健康法を教えていただきました。 ...
続きを読む

2012年9月特集地元発見

2012年9月特集地元発見

  Ichetucknee Springs State Park River Tubing   本当は夏休み前に掲載したほうが理想的だったかもしれませんが、でも、まだ暑い日が続くので大丈夫ですし、来年の夏休みには、是非いらしてください。  ...
続きを読む

特集記事:被災地復興ニュース その1「番屋みんこま」さん

特集記事:被災地復興ニュース その1「番屋みんこま」さん

「あの日」から一年と四ヶ月ちょっとが経ちました。  電気や水道も遮断されて、最初の数ヶ月間は、パニック状態にあった被災地でした。 それが、徐々に仮設住宅の建設その他の復興活動が実施されて、新しい年が明けて、 一周忌・・・。 当初のはちきれんばかりに張った空気が緩んだ昨今、愛する家族を 震災で失なったり、先祖代々から継承の土地をなくしたりした方達が、お先真っ暗な気持ちで、尊いご自分の命を断ってしまう、といった悲しいニュースも耳にする今日 この頃。。。 そんな中、昨年6月号から今年の7月号までシリーズで掲載させていただいた、岩手県陸前高田市の村上善彦さんのお便りからもうかがえるように、灰の中から...
続きを読む