フロリダ州タンパベイエリアで楽しく暮らすための情報ページ

生きた英語: ことわざ

生きた英語: ことわざ

先日日本へ帰省した際、ふと雑誌の記事で見た諺。 英語のことわざ、名言、格言を学ぶということは、英語の勉強という意味だけでなく、英語圏の文化や哲学も同時に学ぶ事ができるのだと書いてあり、なるほど~と思いました。 星の数ほどあれど、皆さんはどのぐらいご存知でしょう? 今回はあ行で始まるものを抜粋してみました。あばたもえくぼ: Love is blind後は野となれ山となれ: I don't care what follows当たって砕けろ: Go to the sea if you would like to fish well雨降って地固まる: The ground is firmer afte...
続きを読む

生きた英語:アメリカ英語とイギリス英語

生きた英語:アメリカ英語とイギリス英語

先日イギリスを舞台にした映画を見ていた夫(アメリカ人)が「何言ってるかほとんどわからない」とのこと。映画の登場人物がギャングみたいな感じだったのでスタンダードなイギリス英語ではなかったのもあったのでしょうが、イギリス英語はアクセントや発音も違うし、使用する単語自体も違うこともしばしば。今回はその違いについてです。 ...
続きを読む

生きた英語: 単数と複数

生きた英語: 単数と複数

今年で滞米生活36年目の私ですが、未だに定冠詞・不定冠詞や複数・単数 の使い分け方が判らず、Editor(主人)のお世話になることがしばしば。  この「単数・複数」に関して、とても役立つサイトに遭遇したので、 同サイトの要点を、ここで紹介させていただきます。  (日向さん、ありがとうございます!) ********* 単数か複数かで迷う8つのケース 失敗例1: 複数名詞のようなもので単数形動詞で受けるものに、動詞の複数形を使ってしまう。 例文1: 1万ドルというのは大きなお金です。 X Ten thousand dollars are a lot of money. ○ Ten ...
続きを読む

生きた英語 5月号 2012年

生きた英語  5月号 2012年

生きた英語   和製英語   今回は、カタカナだから英語でも使えると勘違いしてしまった体験談から集めた和製英語の例を書きます。...
続きを読む

生きた英語: まずはコミュニケーション(その3)

生きた英語: まずはコミュニケーション(その3)

三月号の原稿を書く前にオンライン検索していて、とても面白くタメになるサイトに巡り逢いました。  その名も 「海外生活に役立つ日常英会話とおぼえておきたいマナー」。  このサイトのトップページに掲げてあるモットーは: 英語は学ぶものではなく 英語は使うもの 英語は意思を伝える大事なツール 17年の海外生活の間に滞在国(ニュージーランド、フランス、米国など五国)で料理を学び、自らハーブを育て、オーストラリア滞在中にはワイン講座でワインを学び、現在は子供から大人まで目的にあったプログラムで英会話を教えられている小林さんという方のブログです。 http://ameblo.jp/tsuujirueigo...
続きを読む

生きた英語:夢が実現する

生きた英語:夢が実現する

3歳になった娘の語彙が日々増え、色々な言い回しができるようになってゆくと共に、もっときちんと話さなくては!という思い(焦り)から、今更ながら「英語」という言語を最近、初心に戻って考えるようになってきた私です(笑)   ...
続きを読む

生きた英語:紛らわしい外来語の発音

生きた英語:紛らわしい外来語の発音

日本語ではカタカナ表記の外来語がたくさんありますが、これがいざ、英語の会話で使おうとすると、アクセントがかなり違ったり、子音がたくさん入っていたりして、普通にカタカナで言っても通じない場合があります。私が遠い昔、アメリカに初めて旅行で来た時に友達とレストランに入り「ケチャップを下さい」と言っても通じなかったことにショックを受けたのを思い出します。   ...
続きを読む

生きた英語: Potluck? Potrag?

生きた英語: Potluck? Potrag?

先日、神戸在住の幼馴染じみのEメールで、「ポットラグで友達と集まって・・・」とあったので、「XX子ちゃん、それ、ポットラックよ。 『ラグ』やったら雑巾やで。」、といったレスをしました。(笑) このことがきっかけで、ポットラックという言葉の起源を調べてみると ...  英国の16世紀の書物に、もう既に出てくるそうで、その当時の含蓄は、"food provided for an unexpected or uninvited guest, the luck of the pot" だったのが、19世紀のアメリカで使われるようになる頃には、 "communal meal wher...
続きを読む

生きた英語 11月号 2011

生きた英語 11月号 2011

正しいのはどっち?  雑誌、Readers DigestとCommon English usage errorsを参考にクイズにしてみました。    Q1 日本語で、「芽キャベツ」英語だと「ブリュッセル スプラウト」正しいペルはどっち?   (A)BRUSSEL SPROUT (B)BRUSSELS SPROUT   答えは続きのページにあります。...
続きを読む

「短縮語」「新語」

 「短縮語」「新語」

母国語の日本語でも知らない難しい言葉は沢山あれど、日本のバラエティ番組を見ていて、まったく知らない言葉が多々でてきます。アメリカ暮らしで日本の文化についていけないからという理由もありますが、日本語でも「死語」「流行りの言葉」「新しい言葉」が日々生まれるように、ここアメリカの英語でも同じ変化が生まれています。私が近年、なんとなく気づいたものを挙げてみました。   ...
続きを読む