フロリダ州タンパベイエリアで楽しく暮らすための情報ページ

2019年4月号美味しいもの食べた〜い

春菊のサラダ

春菊.png

今回もレシピとは呼んではいけないズボラ風です。中目黒の好ちゃんというホルモン屋さんのお通しででてきた、とんでもない量の春菊にノックアウトされました。鶏がらスープとごま油でなんでも美味しくなりますが、春菊の苦味が妙にフィットしいくらでも食べられます。


(4人分)

  • 春菊 MDマーケットで買う一袋(4束ぐらい?)
  • 鶏がらスープのもと 小さじ2ぐらい 
  • ごま油 大さじ5ぐらい
  • ごま(お好みで)
  • のり(お好みで)

    1.  春菊を食べやすいサイズに切り、水につけておき、シャキッとさせます。
    2. ごま油とをよく混ぜておき、よく水を切った春菊と混ぜ、のりとごまを和えて完成。

 

 



 パイタンスープ

パイタン.jpg

 

ではまず、鶏ガラとモミジ(足)をアクを取りながら3時間煮込んでください・・・なんて言わないので安心してください。最近どこのスーパーでも売りだし初めたボーンスープを活用して美味しいちょっと茶色めの白湯スープを短時間で作ります。

わたしは鉄のおなべ(Staubとかルクルーゼとかあの手の重い鍋)で作っています。パイタンスープが大好きなので、正直、買って来たスープだけちょっと煮詰めてお塩入れたら、それだけで美味しいです。ちょっと煮詰めたら、あのパイタン独特のクリーミーな感じになるんです。

すっごい美味しいラーメンのスープにも変身。お醤油、ラー油、七味とかも合いますね。ああ、もう何時間もかけて作らなくていいなんて幸せです。

(4人分)

  • Bone Broth 2パックぐらい
  • 鶏の手羽先(手羽元でも、お好みで)1パウンド
  • にんにくとしょうがは好きなだけ
  • キャベツ(柔らかい台湾キャベツがいいですね)
  • お塩
  • ねぎ、きのこ類はお好みで。基本的には、スープの味を殺さない野菜なら何でも。


1.    おなべに手羽としょうがにんにくとお水を入れ、沸騰したら火を弱めて5分ぐらいアクをとり、鶏がやわらかくなるまで煮ます。

2.    Bone Brothを入れ、少し煮詰めます。クリーミー度合いはお好みで。

3.    好きなだけお塩を入れてください。わたしはここでニンニクスライスを投入。臭くなってもいい方は是非。

4.    最後にキャベツを入れ、ふたをして火を通したら完成。

 

パイタン2.png
パイタン3.png

 

(キルゴ亜矢)