フロリダ州タンパベイエリアで楽しく暮らすための情報ページ

特集:デトックス・ウォーター

健康のために一日に水をたくさん飲めばいいとか言いますが、水をそのまま飲むのが苦手な筆者、なんとかしっかり水分を摂る方法はないものかと考えているときに目にしたのがデトックスウォーターたるものであります。友人宅で、何種類ものきれいなフルーツではじけそうな水のピッチャーを見て感激したものでした。デトックス効果があると聞いてもっと感激!

detox2.jpg


デトックスウォーターとは、水にフルーツや野菜、ハーブなどを入れてつくった水のことをいいます。作り方はとても簡単で、用意したお好みの食材を切って容器に入れ、水を注ぎ冷蔵庫で2時間~一晩以上冷やすだけ。水を飲み終わったあとも、12回であれば継ぎ足して作ることができます。注意が必要なのは、無農薬の果物を使う場合を除いては、重曹を入れた水でよく洗うこと。それから、作った水は24時間以内に飲んでしまうこと。

デトックスウォーターは、基本的にはのどの渇きを感じたときにこまめに飲むのが効果的で、中でも一番効果的な時間帯は「就寝前」と「起床後」です。睡眠中にはおよそコップ1杯分の汗をかくといわれているため、就寝前に水分を摂取しておくことはとても大切です。また、それだけ汗をかいているので、起床後には水分を補給する必要があります。起床後は吸収がとてもよくなっているため、デトックスウォーターの水分・栄養分を効率よく吸収することができます。また、汗をかきやすい入浴の前後や、吸収のよい空腹時に摂取することもおすすめです。ジュースのようにはいかないまでも、食材の風味がつくので飲みやすく、普段水をたくさん飲むのが苦手な人もおいしく水分補給をすることができます。

このデトックスウォーターのメリットは、食材の栄養素が水に溶けだすため、水の代わりに飲むだけで水分補給とともに水溶性の栄養素をたっぷり摂取することができるところです。加熱することによって破壊されてしまうビタミン類や酵素などもしっかりと補給できるんだそうです。

デトックスウォーターについての記事を読むと、英語の記事も日本語の記事も「ダイエット」や”Burn fat”などという言葉がチラホラ出てくるのですが、ま、この水を飲んで痩せようとするにはかなり無理があるとは思いますが、カラフルできれいなピッチャーを見ていると、水分補給が楽しくなることは間違いなし!使う食材によって風味はもちろんのこと、含まれる栄養素が異なるため、組み合わせいよってさまざまな効果が得られるようです。2種類ほど冷蔵庫に常備しておくと水を飲むのが楽しくなりそうですね。効能、味を考えて、自分でいろいろ組み合わせてみるのも楽しんじゃないでしょうか。

detox3.jpg

レモンに含まれるクエン酸には、疲労回復の効果や代謝を活発にする効果が期待できます。また、レモンの香り成分は、気分をリフレッシュさせてストレスを緩和させる効果があります。

オレンジの薄皮・白い筋の部分に含まれているポリフェノールには、血管を丈夫にして血流を改善する効果があるので、冷え症の改善が期待できます。

グレープフルーツに含まれるポリフェノールは、メラニン色素を抑える美白効果が注目されています。香り成分には血行促進やエネルギーの消費を高める効果もあります。

イチゴに含まれるポリフェノールの一種であるエラグ酸は、美白の有効成分としても有名です。鉄分、葉酸といった成分も豊富であり、貧血、冷え症改善にも効果的です。

ブルーベリーに含まれるポリフェノールの一種アントシアニンには、ビタミンCの約5倍の抗酸化力があります。

キュウリはデトックスウォーターによく使われる、代表的な野菜です。むくみを防いで、炎症を抑える効果があります。利尿作用を持っているため、体に溜まった古い水分を排出しやすくしてくれるのです。キュウリそのものがデトックス効果を持っており、デトックスウォーターにふさわしい材料であるといえるでしょう。

リンゴに含まれる食物繊維ペクチンが腸内の環境を整えます。また、リンゴポリフェノールは内臓脂肪をつきにくくする効果、抗酸化作用、血流の改善と幅広い効果があります。

バナナには消化を促す酵素が豊富で、腸内環境を整える効果があります。また、カリウムも豊富に含まれているので、水分や老廃物を排出しやすくしてくれます。

キウイにはタンパク質分解酵素が含まれているため、肉などの消化吸収を良くしてくれます。また、体内から余分な老廃物を排出する効果も期待できます。

パイナップルに含まれるタンパク質分解酵素は、肉をやわらかくして消化を促進する効果があります。また、食物繊維も豊富のため、腸内環境を整えてくれます。

効果アップを期待するならハーブ・スパイスをプラス!

ハーブ・スパイスは、デトックスウォーターにプラスすることで効果を高めたり風味を変化させることができます。ハーブ・スパイスにはさまざまな効果や効能があるので、食材に含まれる栄養素との相乗効果でより美容・健康に良い効果が期待できます。また、ハーブ・スパイスには香りが特徴的なものが多いので、フルーツのみで飽きてしまった人や香りをつけたい人にもおすすめです。

ローズマリーには血管を強くして血行を促す効果があります。また、消化機能を高めることで代謝を促進してくれます。

ペパーミントには、消化を助けて胃の調子を整える効果や、精神的な緊張を和らげてリラックスさせて、精神を安定させる作用があります。

バニラビーンズの香り成分には、リラックス効果がありストレスや緊張を和らげることができます。

また、腸内のガスの排出を促進する効果もあるので、腸の調子を整える効果も期待できます。

シナモンには、血糖値を下げる効果があります。さらに、毛細血管を丈夫にしてくれる効果、抗菌作用による風邪・インフルエンザ予防も期待できます。

では、レシピの一部を。

アップルシナモンウォーター

カロリーがほぼゼロに近く、毒素排出効果と代謝が一度にのぞめるというお水。オーガニックのりんご2つ、シナモンスティック2本を2リッターほどの水に入れて冷やすだけ!

ストロベリーきゅうり (脂肪燃焼ウォーター)

いちごときゅうりの組み合わせに、グレープフルーツを入れると効果アップ。色あいもきれいです!