フロリダ州タンパベイエリアで楽しく暮らすための情報ページ

知ってた方がいいかもしれない英語の使い方

これを言ってもアメリカ人は普通に流してくれるし、実際、ネイティブでもこの表現を普通に使っている人はたくさんいると思うんですが、「実はこっちの方が正しい言い方だよ」という、日常使う表現をいくつか。


EIGO.jpg

その1)「ポール・マッカートニーを知ってるよ。」と英語で言いたい時、I know Paul Mccartney. って言いますよね?だけど、これって厳密に言うとポールのことを個人的に知っているという意味になるんです。有名人として知っている場合は、I know of Paul Mccartney.と言うのが正解。

 

その2)「まだ10時だよ。」と言う場合、「まだ」をそのままstill を使って、It’s still 10.と言うのは間違いで、 It’s only 10.というのが正しいです。そういえば、ネイティブがIt’s only 9!とか言うのを聞いた覚えがあります。Stillというのは、何かが継続している様子を表す表現なので、きっかりした時間や年齢には使わないそうです。雨が降っている時にはOKStill rainig.は普通に使えます。

 

その3)Can you eat Natto? V.S. Do you eat Natto?

これは正しいかそうでないか・・・というには微妙なのですが、Canには、「能力があるか?」という意味が備わっているため、やたらとCan you eat Sushi?  Can you eat Natto? と聞くのは考えもの。「あなたたちの文化からすると、すごーくかわったモノだけど、食べられる?」という気持ちが強いなら。Canを使ってもいいのかもしれませんが、無難な聞き方はDo you eat Natto?  Do you eat sashimi?の方でしょう。

 

その4)Playの使い方。Playは「遊ぶ」と習いましたが、これを大人の間で “Did you play with my friends last night?”と言うと、少しawkwardな感じになるようです。Playは子供が「遊ぶ」場合に使われる言葉なので、(プレーデートって言いますよね。)大人の場合はhang outを使うのがよろしいかと。

 

その5)Nice to meet you! には、Mee, too! と返すか You, too!と返すか??

正解はYou, too!。このYou tooというのは、Its nice to meet you, too.の最後の部分をとったもの。なんとなくMee, tooと言ってしまいたい気分ではありますが、気をつけましょう。ま、ネイティブはわかってくれると思いますけどね。

 

別に間違えたからどうということもない表現ですが、一応知っておくといい日常表現でした。