フロリダ州タンパベイエリアで楽しく暮らすための情報ページ

東日本大震災支援:山田選手のペットチャリティ支援報告

地元サッカーチームのタンパベイディーズで活躍する山田卓也選手のことはご存知の皆さんも多いかと思いますが実はその山田選手がずっと色々な形で東北支援をなさってきていたのを最近知りましたチャリティーサッカー試合などサッカーを通しての支援さらに一個人としてペットのためのボランティアもなさっています

7irocaravan36.jpg

人間への支援の影であまり話題にならないペットへの支援とは言えそのことで心を痛めている人々もたくさんいます山田選手が参加した7iro CARAVANは東日本大震災直後の2011319日から支援を開始しほぼ月に一回ほどのペースで宮城県七ヶ浜町と福島県南相馬市の犬や猫の個々の飼い主さんにして必要な物資(ペットフードなど)を配給するとともに仮設住宅に急に移らなくてはならなくなったペットと飼い主さんへのサポートも行っていますCaravanの名のごとくホームページ(http://doonegood.jp/7irocaravan/)にも載っているこのバンを借りて、「行ける時に行ける人が行ってる人が出ることをするために
りで行く強行軍です


具体例をあげると、現地の人達の話し相手になったりworkshopで触れ合ったり、犬の散歩、爪切りをしたり、出来ることを探して、飼い主、ペットのストレスを少しでも軽減出来るようにそれぞれ行動しているようです。

image-1.jpg

*****
山田選手にお話をかがいました:

キーライム通信(以下K):この活動に参加することになったきっかけは何ですか?
山田選手(以下Y):元々動物が大好きで一度ネコを飼った時に職業柄遠征や合宿が多いため悲しい思いをさせてしまってそれ以自分で飼ことを諦め友達の経営するペットホテルに遊びにいくよになりましたそこのオーナーがこのボランティアのリーダーなのでその流れで参加させてもらっていますあと大型運転許証を持っているといのも誘われた理由の一つです

image.jpg

            K放射能汚染が懸念される被災地に足を運ぶことに          関しての不安はありましたか?
            Yはい ないと言えばになります確かな情報がな         いのが一番の問題かと思います

            Kボランティアとしてのこれからの課題はありますか?
            Y正解のない世界なのでせめて自分の周りの皆が持          っている持ちとそれぞれできることを上手くぎ合わ        せて形にしていければいいのかな、、

K
ボランティアに行ってよかった!と思える時はどんな時ですか?


Y
被災地の方たちペットの笑や元な姿をみれた時でももしかしたら震災後に何もできなかった自分にする自己足かもしれないボランティアに行くことによって一人で抱えることなく々なジャンルの方とそれぞれの意見や持ちを感じたり共有出ることも良い部分だと感じています
ボランティアには々な形があると思いますそして皆持っているものもそれぞれだと思います時間物資アイデア体力お金行動企画力伝えること、、、、そして 祈りどれも大切なのですがそこには常に心(持ち)があると思いますなんでも良いと思います復興にはまだまだとい現実をみてきたものとして皆がそれぞれ考え少しでも心を持って行動に移すことが大切なのかと思いますこの事を伝えさせてもらえたことに感謝します


******


7iroCARAVAN-500x500.jpg

南相馬の仮設住宅の方々が作って下さった着物地でくるんだ美しい貝のチャームをたくさんプレゼントされた山田選手がそれをキーライム通信にプレゼントして下さいましたので私達はこれに少し手を加えてI Love Japan Craftの特別ペット用チャリティーとして販売を開始しましたこちらの商品の売り上げはこのペットのための支援に使ってもらために寄付をする予定です

山田選手の活躍ぶりは去年9月号のキーライム通信でも取り上げました
http://keylimenewsletters.com/2013/09/100.html
山田選手オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp/official/yamataku/
ディーズェブサイト
http://www.rowdiessoccer.com/

 

(ページ担当:山﨑由紀子)