フロリダ州タンパベイエリアで楽しく暮らすための情報ページ

美味しい物食べたい~~2012年 6月号

 

塩麹

最近、塩麹に凝っております。「魔法の万能調味料」として、日本でブームのこの塩麹、本当に優れものです。これを使うとお料理とは言えない位、簡単なレシピなのに、とても美味しく頂けます。怠け者の私にぴったり!塩麹とは、麹と塩、水を混ぜて発酵・熟成させた日本の伝統的な調味料なんだそうで、自分でも材料さえあれば作れるそうです。その存在さえ知りませんでしたが、日本から送ってもらった塩麹、我が家では大活躍です。

 

DSC05797.JPG

 

お豆腐の塩麹(レシピと呼べるかな?)

 

材料

木綿豆腐 1丁

塩麹 大匙2

作り方

水気を切ったお豆腐を半分に切り、ラップにその半分を置いて、塩麹を伸ばす。その上に残りのお豆腐を置き、塩麹を伸ばし、ラップで包み、密封容器に入れて、冷蔵庫へ。3日位置く。

 

1週間位つけても良いそうですが、私は3日で食べてみました。最初は冷奴。お醤油もいらない感じです。残りは四角に切って、サラダにいれましたが、お豆腐というより、やわらかいチーズもどき。ゆで卵なども

塩麹を塗って、3日間くらい漬けるとおいしくなるそうです。これも試してみたいと思います。お魚にもお肉にも使えます。我が家ではラムチョップをこれでマリネーしましたが、非常にジューシーで、柔らかく、美味しく、夫も本当に驚いておりました。是非お試しください。

 

ごぼうご飯

 

再度、これがレシピかとお怒りになられる方があるかもしれません(汗)。ここ数ヶ月、このごぼうご飯に凝っています。もともとは、栗原はるみさんの本で、ささがきごぼうを一緒にご飯に炊くと、香りが良くて美味しいと書いてあったのを、余ったささがきごぼうの使い道に困った時思い出して、一緒に炊いてみたのがきっかけです。ごぼうの香りがご飯とマッチして美味しいですし、最近は昆布や、塩麹少々、薄口しょうゆ少々混ぜて炊いています。炊けたごはんは、お握りによし、カレーによし、和風そのもののご飯の味で、玄米でもいけますよ。お米3合に、ごぼう一本って感じです。

 

柚子かんてん

材料

水      適量

柚子茶 (韓国製の、瓶に入ったマーマレードのようなもの:オリエンタルマーケットにあります)           適量

寒天   適量

 

作り方

 

1.お湯を沸騰させて、寒天を溶かします。

 

2.寒天がきれいに溶けたら、そこへ柚子茶を入れてよく混ぜます。甘さは好みですので、時々「お茶」の味見をしながら加えていってください。

 

3.粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やしてできあがり。

とまあ・・・非常にシンプルなデザートですが、これが結構うけました。寒天を固めて冷やすのに時間が要るだけで、作るのに時間はかかりません。柚子の皮の部分が容器の下にたまったままで固まりますが、プリンのように、丸い容器からお皿に逆さにして移せばきれいです。柚子はビタミンC豊富なので、身体にもいいですよ。(すみさんよりのレシピ)