フロリダ州タンパベイエリアで楽しく暮らすための情報ページ

地元ニュース

Lantern_Float_A (342x350).jpgとても悲しいお知らせです。 2010年9月25日、University of South Floridaで癌の研究に携わっていらしたISHISUKA KAYOKOさんが、研究室から自転車に乗ってお宅に帰る途中、自動車にはねられ、お亡くなりになりました。自動車はそのまま逃走したのですが、約1ヵ月後の1020日ひき逃げ犯は逮捕されました。地元のタンパ・トリビューンやセント・ピータースバーグ・タイムスにもこの非道な事件は大きく取り上げられました。

 

 

Ishizuka KayokoさんVirginia Polytechnic University を卒業後, 博士号を Medical College of Wisconsinで収得され、博士号収得後の研究生として USF College of Medicineの研究室にお勤めでした。ご自分で自転車を組み立てるほど自転車を愛し、エキスパートで、何処へでも、どんなお天気の時でも自転車で出かけていらしたそうです。30歳の若さで、将来を嘱望されていた Ishizukaさん ご自身、どんなに残念だったことでしょう。

 

日本から駆け付けてこられたご家族、日本や他州から飛んでこられた友人達、恩師、同僚達、地元の友人達、ショックと深い悲しみを超えて、皆さんで力をあわせて、彼女のメモリアルサービスをUSFのキャンパスで行いました。 Ishizuka さんの素晴らしいお人柄を忍ばせる心に残る素敵なメモリアルサービスでした。 下記のサイトはいずれも友人の皆さんが、彼女の思い出、追悼の気持ちで立ち上げたサイトです。ご覧ください。

 

www.facebook.com/pages/In-Memory-of-Kayoko-Ishizuka/117361631655527

 

http://danandmisono.com/2010/09/27/kayoko-ishizuka/

 

キーライム編集部一同、謹んで Ishizuka さん のご冥福をお祈り申し上げます。合掌

 

(ハインズのり子記)