フロリダ州タンパベイエリアで楽しく暮らすための情報ページ

2022年10月号 生きた英語: 日本のカタカナ新語

今、短期里帰り中なのですが、
昔からカタカナ用語が多い日本、
ますます進化(?)を遂げていて、
カタカナなので元々のスペリングもわからず
検索して意味を調べる有様。。。

簡単な言葉でできたカタカナ単語でも、
「で、これは一体なんだろう?」と思うような
用途や意味が微妙に違うものも多いです。

さらに本当に長い英単語などが
そのままカタカナ読みになって使われていたりすると、
「これは絶対に一般の日本人は言葉を覚えるのさえ大変!」
と思うものも多々あります。

ものすごくよく見かける
「マイナンバー(個人番号)」
「マイナンバーカード(個人番号カード)」。

Screen Shot 2022-09-15 at 3.23.17 PM.png
はい、My number cardだというのは
容易に検討がつきますが、
近年日本に住んでない私たちには
いまいちどんなものかよくわかりません。

基本的にマイナンバーを各個人が持つことで、
アメリカのSocial Security Numberのように
一貫性を持たせるのが目的のようですが、
まだ完全には浸透していないので
絶対に必要ということでもなく、
さらにマイナンバーカードとなると
写真付きで公的な本人確認書類として使え、
さらにこれからは健康保険証としての機能も入るそうです。


最近よく日本のメディアなどで見かけるiDeCo (イデコと読みます)は
個人型確定拠出年金(アメリカだと401Kに近いそうです)
という意味ですが、
それではなぜ日本ではイデコというのかというと、
本来はindividual-type Defined Contribution pension plan
から来ているそうです。汗

 まあ私たちもアメリカで
401KとかIRAとか使っているのですが、
iDeCoはわかりにくいです。

なので「イデコちゃん」というキャラクターで
覚えてもらおうとしているようです。大汗

Screen Shot 2022-09-15 at 3.24.19 PM.png
普段英語に慣れている私たちには
元々の言葉で理解できますが、
一般の日本人には大変そうなものをあげると、、、

ジェネリック医薬品
インフルエンサー
QOL(キューオーエル)生活の質ー医療の場で使われるようです。
イノベーション
コストパフォーマンス(コスパと略されることも多々あり)
ダイバーシティ(お台場のショッピングセンターと間違いそう)
サステナブル

さらに私も知らなかった言葉「エモい」。
気持ち悪そう?と思いましたが
本当の意味は「言葉にできない感動」のことだそうで、
英語のエモーショナルから来ていて、
言いようがない気持ちを表すときに使われるのだそうです。

担当:ブロック山崎由紀子