フロリダ州タンパベイエリアで楽しく暮らすための情報ページ

あの日から一年が経ちました

一年を通じて(多かれ少なかれ)夏の気候が続くタンパベイに住んでいて、冬のまっ只中でも、野外プールで友達一家を招いて遊びが出来る我々は、ともすれば四季の変遷に対するアンテナが鈍くなりがちですが、東洋人、特に日本人は、春・夏・秋・冬のシーズンを非常に大切にする人種だと思います。 5・7・5文字の世界最短の詩である俳句も、基本的には「季語」と呼ばれる季節を示唆する言葉が詠み込まれてあることがルールだ、ということからも、日本人の季節に対する愛着(?)感がうかがわれます。

一年が12ヶ月から成り、その間に4つの季節があるということ自体、なんと上手く出来ているんだろう!と、感嘆せずにはいられません。 ですから、暦の上では多少異なりますが、簡易に数えた場合、春は4月~6月、夏は7月~9月、秋は10月~12月、冬は1月~3月と、ちょうど三ヶ月づつで四季が巡ります。

さて、もうすぐ、「あの日」から一年が過ぎようとしています。 

ネガティブ思考、偽事発言や責任転嫁に無駄なエネルギーを浪費ばかりしている政治屋さん達を横目で見ながら、市民・町民・村民の皆さんが一丸一体となって、ひたすら復興に全力を投球される被災地の方々の様子をメールやブログ等で垣間見るたびに、自分も出来るだけの事をして頑張るぞ!という、新たな勇気が生まれます。

そんな中、タンパベイ有志の企画で、あの日から一年目の3月11日に、クリアウォーターに在る The Music Gallery で、第二回チャリティーコンサートが開かれます。 コンサート当日は日曜日ですので、タンパベイエリアにお住まいの皆さん、どうか、ご家族揃って、お友達をお誘いの上、こぞってお越しください!
 

"It is always darkest just before the day dawneth." 
-  Thomas Fuller * NOTE

2012年の3月に臨んで、新しい春が、もうすぐそこまで近づいていることを信じて、日本に、そして世界に、新たな夜明けが訪れる日が来ることを切に願いつつ、東日本大震災で尊い命をなくされた方々のご冥福を祈ります。 合掌。

フィカラかこ 記


Japan Relief.jpg