フロリダ州タンパベイエリアで楽しく暮らすための情報ページ

2022年10月号特集:バックドア Roth IRA を理解する

クロスボーダーライフをサポート

Roth IRAは、リタイアされて、
一定の条件(59歳半と5年間の口座維持)を満たせば
引出し時に連邦税が無税になるという
とても人気のあるリタイアメント口座です。


Screen Shot 2022-09-09 at 2.03.54 PM.png
ご自身が会社で401(k)に加入されていても、Rothは加入できます。
(通常のIRAは、制限があります) 拠出の年齢制限はないし、
RMDと呼ばれる強制引き出し年齢制度もありません。

しかしネックになるのが、所得制限なのです。

2021年度では以下の所得以上がある人は
Roth IRAの拠出ができません。
つまり所得が高すぎるとRoth IRAは利用できない制度です。
(下記Roth IRA所得制限表参照)


Screen Shot 2022-09-09 at 2.04.24 PM.png
しかし、Backdoor Roth IRAという制度があります。
税制度の2021年度ではまだこの手法が使えるようです。
こちらを、この記事ではご紹介します。

1) 税引き後の拠出をIRAの口座に行う

Traditional IRAの口座には、
税引き後と税引き前の拠出ができます。
Backdoorを行うために、税引き後の拠出を行います。

2) 次の日にRoth IRAにこの金額をコンバート

できるだけ早くという意味で「次の日」なのですが、
この金額をRothIRAに変換します。
ここがBackdoorたるゆえんです。
最初はTraditionalで拠出して、
そちらをRothに変換するのです。

3) 1で税引き後のTraditional IRAへの
口座の拠出をしましたので、
税務申告の際には、FORM8606でその事実をリポートします。
通常IRAへの拠出は税引き前ですが、
税彦後でも拠出は許されます。
しかし、税務申告でその由を報告しないといけません。


この3つのステップを使うことで、所得金額が高すぎて、
Roth IRAへの拠出ができない人が、
拠出することができる方法がBackdoor Roth IRAです。

一見すると、本当に合法なのか、
「裏口入学」みたいな雰囲気が漂いますが、
現時点では合法です。

実際にこのBackdoor Roth IRAを行う場合は、
手続き的にも難しいので、
必ずしっかり資格のあるFinancial Advisorの方や、
お使いの金融機関の
この部門を取り扱う担当者とよく相談されて、
間違いのないように手続きをされることをお勧めします。

この記事では、概念だけを説明しています。
そして、その年の税務申告では、
Form 8606をご自身の税務申告書(Form 1040)に
添付されることを忘れないでください。

お使いの会計士の方に税金のオーガナイザーなどを利用されて、
正確に連絡するようにしましょう。


* * *

Screen Shot 2022-06-16 at 12.42.19 PM.png
CDHでは米国在住の
個人の税務申告作成のサービスを行う傍ら、
これらの人たちの様々な問題点、疑問点を
解決、説明すべく日々努力しております。
またこれらの人達が抱える問題は日米の税法を始め、
移民法、生命保険、リタイアメントのルールなど
複雑、多岐にわたります。

この記事は複雑な税法や、複雑な規制を
できるだけ簡単にポイントだけを
理解してもらう目的でお伝えしています。
従って例外も沢山あります。

実際にアクションを取る場合は、
必ず税務・法務などの専門家と相談をしてください。

なおYouTubeでも内容を説明しています。
「CDHクロスボーダーファミリーチャンネル」で
検索してみてください。

この記事に関して質問がある方、歓迎します。
こちらのフォームでお問合せ下さい。
https://forms.office.com/r/dgKCg461xy 

また週日夜11時、週末も
数時間ほど35分の無料相談も行っています。
こちらのリンクからご予約ください。
メールでのご質問は、面会させていただいてお答えしております。
https://outlook.office365.com/owa/calendar/Bookings@cdhcpa.com/bookings/

またCDHの情報満載ニュースレターのご購読を希望の方はhttps://www.cdhcpa.com/login/からお申込みください。

最後にクロスボーダーチームのメンバーを募集しております。
個人の税務申告が作れる人が特に必要ですので、
ぜひ私までご連絡下さい。
crossborder@cdhcpa.com

ご投稿: 藤本光Koh 様