フロリダ州タンパベイエリアで楽しく暮らすための情報ページ

2022年9月号 美容健康:眩暈・目眩について~パート2

先月号に引き続いてめまいのお話です。

目眩の症状というのは、人によって訴え方が様々なのだそうです。

回転性目眩(自分や天井がぐるぐる回っているような感じ)

地面がふわふわ揺れている、船に乗っているようにふわふわする、

乗り物の酔いのように気持ち悪い、

などと表現されることもありますが、

個人的にはどのどれも経験したような気がします。

今月号はこうした個人的な経験を

シェアさせて頂きたいと思います。



IMG_4872.jpg


経験談


10年前のある日、本当に突然に散歩中足元がふらつき、

どこかいつもとの違いを感じ帰宅後、

椅子に座ると突然天井が回り出し止まりませんでした。


眩暈は初めてですし、

亡くなった父が脳梗塞で四肢麻痺となった経験故、

かなりパニクッテ救急車を呼び、

脳のCT, MRI, MRA, 心電図、レントゲンなどの精密検査を

入院して受けることとなりました。


結果は全て異常なく、

原因はその前から耳鳴りなどがあったので耳鼻科を紹介され、

幾つかの耳鼻科を経由して

結局メヌエール病と診断されました。


それ以後、年に数回、近年はかなりな頻度で

回転性目眩に悩まされています。


現在、抗ウイルス剤とたまに利尿剤服用、

そして年に数回のステロイドの鼓室内注入で

ほぼコントロール出来ていますが、

眩暈の辛さはたっぷり味わっています。💦 


天井が回るだけでなく、上下、左右に視界が流れたり、

嘔吐、歩行不能などなど色々と症状がありますし、

半日以上止まらなくて、何回か救急車を呼んだ事もありました。


やはり眩暈を感じた時は、何が原因か分かりませんから、

主治医か,急を要する場合は救急車、

或いはERで診察を受けることが必要だと思います。


その時、眩暈と付随する症状

(耳鳴り、頭痛、嘔吐、手足の麻痺、ろれつがおかしい、

脈が飛ぶなどなど)、眩暈の起きた状態、

継続時間、回数、起きた時間などを

記録しておくことをお勧めします。


耳からの場合は、一つの目安として

30分以上続くとメヌエール病の可能性が高く、

30分以内なら、他の耳の障害の可能性が考えられるそうです。


何でもそうですが、

こうした症状に重病が潜んでいる場合もありますし、

単なるめまいと放置せず専門医の診断を受け、

早めに治療することが、めまい退治の一歩だと思います。


診断の結果、特に問題はないけれど

めまいが続くという場合も多いようで、

本を読むと民間の対症療法なども色々紹介されています。

(鍼灸、エクササイズで耳石の位置を元に戻す試み、

有酸素運動など)こうした療法も独断でなく、

あくまで医師と相談しながらなさることが大事かと思います。


担当:ハインズのり子