フロリダ州タンパベイエリアで楽しく暮らすための情報ページ

特集:お勧めキッチン用品

特集:お勧めキッチン用品

今回ご協力いただきましたアンケートは「わたしのおすすめキッチン用品」です。少しの投資でストレスが激変しえるキッチン用品、あれもこれも欲しくなりますね!(笑)   ·         キッチン手ぶくろ、色々使ってみましたが、今のところこれが一番長持ちして、使い易いです。TJ Maxに時々置いてあって、あれば必ず買っておきます。サイズはS,M,Lの3種ですが、Lは殆ど見た事ないです。手の小さい私はSで充分。アマゾンでも取り扱ってます。 ...
続きを読む

2019年5月号特集:タンパベイに防災は必要?(その2)

2019年5月号特集:タンパベイに防災は必要?(その2)

現在タンパベイエリアに9月から約9か月間の予定で研究留学をしている大津山です! 先月号に続いて、今月は地域や家庭での防災の必要性についてお話したいと思います!●         ●         ●         ...
続きを読む

特集:これは良かった!日本から買ってくる物

特集:これは良かった!日本から買ってくる物

夏に帰省を考える人たちは、そろそろ「日本から何を買ってこようかな~。」と考える頃ではないでしょうか。今回の特集では、購読者の方から寄せられたあれこれをまとめてみました。 ...
続きを読む

特集:タンパベイエリアに防災は必要?

特集:タンパベイエリアに防災は必要?

現在タンパベイエリアに9月から約9か月間の予定で研究留学をしている大津山です!専門は防災、特に地域復興に関する博士論文研究をここタンパベイで実施しております。この特集では私がなぜそもそもタンパベイに居るのか、家庭や地域での防災の必要性を二号に渡ってお送りいたします!...
続きを読む

2019年3月特集1:鼻うがい(鼻洗浄)のやり方

2019年3月特集1:鼻うがい(鼻洗浄)のやり方

鼻をスッキリさせる「鼻うがい」(鼻洗浄)をご存知ですか?鼻うがいは喉うがいでは洗えない「上咽頭」を洗い流すことができ、鼻粘膜に付着したホコリ、雑菌、病原菌ウイルスなどの異物が溜まった鼻水を洗い流せるため、花粉症やハウスダスト対策、副鼻腔炎症、風邪防止、いびき改善、口臭予防などに効果的といわれています。 ...

特集2:フロリダでも日本語サービス

特集2:フロリダでも日本語サービス

日本人の多くいる西海岸やニューヨークなどに比べるとフロリダには日本語で対応してくれるビジネスが少ないのですが、フロリダに会社は無くとも、サービスを提供しているところもあります。 ...
続きを読む

特集:インスタントポットあれこれ

特集:インスタントポットあれこれ

インスタントポットは2018年のクリスマスギフトのトップにせまる人気商品だったそうです。かくいう私も、実はかねてから狙っており、ブラックフライデーで通常99ドルのものを54ドルで購入(Mini Plusでした)!このポットは、蒸し器、圧力釜、炊飯器、スロークッカー、お粥、ソテー、卵、チリビーンズ、スープなどなどと、多機能の調理器具で色々使えます。大きな炊飯器やスロークッカーを持て余し気味でしたので、2人家族の我が家では3qtsの物をゲットしました。ただ余りに多機能なので、何をどう使ったらよいのか?迷い気味。これをお持ちの方も多いので、皆さんにどのように使っていらっしゃるか?レシピなどを伺ってみ...
続きを読む

特集:相続税(遺産税エステートタックス)

特集:相続税(遺産税エステートタックス)

日本と米国の2国間に親族を持つ私達にとって、配偶者を含む親族に万が一のことがあった場合、、両国の法律が入り組み、複雑なことになります。この記事をまとめるにあたって、種々のサイトを調べましたが、専門家でない私共にはわかりえない部分も多く、ケースバイケースの例もあげていると誌面が足りません。とりあえずといってはなんですが、各サイトから学んだ知識として知っていると便利かと思われる大体のアウトラインをまとめてみました。年々金額や条件も変わってきますし、いざという時には前もって専門家とご相談なさることを強くお勧めします。 ...
続きを読む

2019年1月号 特集: お里帰り・・・荷造り・・・

2019年1月号 特集: お里帰り・・・荷造り・・・

タンパベイエリアにお住まいの皆さんは、子供さん連れやソロのお里帰りを何度も経験されていて、荷造りも既に板に付いたものだと思いますが、今月号では、このページを借りて、私が長年使っているメソッドを紹介させていただきます。...

特集:蚕ワークショップのご報告

特集:蚕ワークショップのご報告

10月号でお知らせしました蚕ワークショップに15名の皆さんが参加なさいました。まず最初に、このワークショップを主催なさった永果フェリーペさんの御紹介をさせて頂きます。彼女は大学、大学院と蚕を専門に研究なさったスペシャリストで、これまで、何度もウガンダやウズベキスタンなどで養蚕の指導をなさっていらっしゃいます。天の虫と書いて蚕と読むように、まさに蚕は天から与えられた宝だと語る永果さんの蚕に寄せる愛情は並々ならぬものがあります。東日本大震災支援活動の際も、お手元にあるシルクを使い膨大な数のシルクネックレス、スカーフを編んで下さいました。細いシルクの糸を使って編む作業は、一枚編むのに何時間もかかり、...
続きを読む