フロリダ州タンパベイエリアで楽しく暮らすための情報ページ

生きた英語:方向関連の熟語色々

生きた英語:方向関連の熟語色々

Normal 0 false false false EN-US JA X-NONE ...
続きを読む

生きた英語: 動物の子供達

生きた英語: 動物の子供達

(画像拝借元:http://zoo0982.blog108.fc2.com/blog-entry-769.html)日本語は、物を数える時に、鉛筆なら「X本」、本だと「X冊」、人なら「X人」、紙だと「X枚」、動物なら「X匹」、等と、名詞によって数え方が変わるのが、日本語を外国語として習う人達の頭痛の種でもありますが、動物の子供の場合は、猫なら「子猫」、犬なら「子犬」と、「子」を頭に付ければ大抵の場合OKです。 それとは対照的に、英語の場合、動物は大人と子供で名称が違う場合が殆どです。 (画像拝借元:http://blog.livedoor.jp/darapic/archives/6734760...
続きを読む

生きた英語:わかっちゃいるけど訳せない。。。

生きた英語:わかっちゃいるけど訳せない。。。

Normal 0 false false false EN-US JA X-NONE ...
続きを読む

生きた英語: ことわざ サ行

生きた英語: ことわざ サ行

半年ぶりのことわざ英語、今月は「サ行」です。以下に記載したものだけでなく、他の言い回しもたくさんありますが、ああ~なるほどなあ~と思わせられるような文化の違いが多少表れるのも面白いなあと思いました。ぐぐっと身にしみることわざも・・・。  ...
続きを読む

生きた英語:ちょっと大人の(?)人物表現

生きた英語:ちょっと大人の(?)人物表現

先日、仕事のミーティングで、人格表現が飛び交う場面があった。何かの会で学生が一人挨拶することになり、先生方が候補の学生についての人物描写をポンポン出したのだが、何度も同じ表現が出てきたので、自分の語彙の勉強のために書き留めてみた。 ...
続きを読む

生きた英語(動物の泣き声)

人間の言語は国によって違っても、動物は何処の国でも同じ鳴き声のはず。でも、その表現は国によって違います。アメリカの子供達なら誰でも知っていて、愛されている歌、Old MacDonald had a farmで動物の鳴き声を英語でどうぞ!(亀も鳴くんですね(゚_゚*))...
続きを読む

生きた英語:家具色々

生きた英語:家具色々

Normal 0 false false false EN-US JA X-NONE ...
続きを読む

生きた英語 2月 2013年 

生きた英語 2月 2013年 

猿をつかった日本の「ことわざ」に   「犬猿の仲」 be on monkey and dog terms.   「猿も木から落ちる」  Even monkeys fall from trees.   などありますが、これらは、アメリカ人だとピンとこない人が多い様です。まず、犬と仲が悪いのは、猫と思うのが一般的ですし、猿はアホだから木から落ちる事もあるだろうと言われてしまいます。...
続きを読む

1月号 生きた英語:英語のニュアンス

1月号 生きた英語:英語のニュアンス

写真 Source: http://www.jokeroo.com/pictures/nature/do-you-understand-.html2009年8月末、90歳の誕生日まであと2ヶ月、という時に昇天した義母は、思った事をそのまま口に出す生粋のNapolitan (ナポリ人)で、普段の会話でも、彼女は悪気は無いけれど、私の耳にはキツく聞こえる表現を良く発して、嫁の私が姑の彼女に文句を云ったりしたのも、今は懐かしい想い出です。笑   そんな表現の一つが "Do you understand?" でした。   和訳すれが「判りますか?」なのに、日常生活でこのように云われると、云わ...
続きを読む

英語(タリー vs 正)

英語(タリー vs 正)

教師をしていると、たまに、何かの数を加算していく際に学生や生徒の前で黒板(ホワイトボード)に数を記録することがあります。最初にそれをやった時、私はTallyというものを知らず、当然のように「正」の字を書き始めたものです。学生達に「何?それ?」と言われ、説明した際に「じゃー、アンタ達はどうやって数えるの?」と聞いて教えてもらったのがこのTally(タリー)マーク。まず縦に4本の棒を書き、5つ目は横棒を引っ張る。正の字と同じで、一文字(この場合記号)が5を表します。 ...
続きを読む