フロリダ州タンパベイエリアで楽しく暮らすための情報ページ

生きた英語: ハ行

生きた英語: ハ行

今月の英語はことわざの「は行」です。今回も矛盾点はいくつかありましたが、どれも結局的を得ています。今回思ったのは、例えば「火のないところに煙は立たぬ」=「Where there is smoke, there is a fire」これはうわさが立つ以上、何らかの事実があるはずだという意味でよく使われますが、英語では肯定文で、日本語では否定文だというところに、文化の違いが現れているなあと思います。それから、この「人のうわさも七十五日」=「A wonder lasts but nine days.」から察するに、どうやら日本のほうがウワサが続く期間がかなり長いようです(笑) ...
続きを読む

英語:Shoot と Heck

英語:Shoot と Heck

アメリカに来て英語に慣れてきた今でも、なかなか慣れない、というか、「慣れなくてもいいか!」という言葉にCursing(罵りの口汚い言葉)がある。子供には禁句とされている言葉なので、もちろん、子供の前では使えないし、使わなくて済むならそれに越したことはないし、使えなければそれも、それに越したことはない、といういくつかの言葉や表現。なのに、長年英語を使ってアメリカで生活していると、いつの間にか無意識のうちに言っている言葉がある・・・・。ShootとHeck。 ...
続きを読む

生きた英語: ことわざ ナ行

生きた英語: ことわざ ナ行

...
続きを読む

匂い・臭い・ニオイ

匂い・臭い・ニオイ

鼻炎になって嗅覚が利かなくなった折に、「におい」についての英語をあれこれ考える機会があったので、今回は「におい」についての英語を見てみることにしましょう。 ...
続きを読む

12月号 生きた英語: What's in a name?

12月号 生きた英語: What's in a name?

日本でも「金城さん」とか「比嘉さん」というお名前を聞くと、沖縄の方かな、と思うように、アメリカでも名字からその方のご先祖様の出身地(というより出身国)が察せられることがよくあります。  というわけで、今回は、比較的に典型なタイプの苗字の例を挙げさせていただきます。イタリア:  日本と同じように母音がふんだんに混じっています。
例: Aiello, Corleone, DiCaprio, Fontana, Genovese, Rocco, Santiniインド:  "Patel" という苗字は日本で云う「田中さん」の感じでしょうか? その他、子音(B, C, D,  H, J 等)のあ...
続きを読む

ことわざ タ行

ことわざ タ行

6月号のサ行に引き続き、今月はタ行です。「豆腐にかすがい」を想像して笑ってしまいましたが、確かに豆腐をかすがいで留めるのは空気をたたくようなものですね。   ...
続きを読む

柿とトマト

柿とトマト

日本では、もうすぐ "食欲の秋"。秋になると柿や、蜜柑、柚などが実をつけて色づき,      "天高く馬肥ゆる秋" にふさわしく食べ物が豊富になります。秋の果物には豊富なビタミンCが含まれ ていて、健康によいから病気にかかりにくいので、医者が手持ち無沙汰となる、ということから、「柿が赤くなると医者が青くなる」ということわざがあります。柿だけでなく、「柚子が黄色くなると医者が青くなる」という地域もあるそうです。これを英語にすると? ...
続きを読む

生きた英語:方向関連の熟語色々

生きた英語:方向関連の熟語色々

Normal 0 false false false EN-US JA X-NONE ...
続きを読む

生きた英語: 動物の子供達

生きた英語: 動物の子供達

(画像拝借元:http://zoo0982.blog108.fc2.com/blog-entry-769.html)日本語は、物を数える時に、鉛筆なら「X本」、本だと「X冊」、人なら「X人」、紙だと「X枚」、動物なら「X匹」、等と、名詞によって数え方が変わるのが、日本語を外国語として習う人達の頭痛の種でもありますが、動物の子供の場合は、猫なら「子猫」、犬なら「子犬」と、「子」を頭に付ければ大抵の場合OKです。 それとは対照的に、英語の場合、動物は大人と子供で名称が違う場合が殆どです。 (画像拝借元:http://blog.livedoor.jp/darapic/archives/6734760...
続きを読む

生きた英語:わかっちゃいるけど訳せない。。。

生きた英語:わかっちゃいるけど訳せない。。。

Normal 0 false false false EN-US JA X-NONE ...
続きを読む