フロリダ州タンパベイエリアで楽しく暮らすための情報ページ

生きた英語 「英語の上達方法」

目からウロコの英語の上達方法とのことで、読んでいたらなんだかとってもなつかしくなりましたのでご紹介させてください。ちなみにわたしが学生の時の英会話の上達方法は、テレビの字幕の出る箇所にガムテープをはって、英語の音声だけでドラマをみる!というものでした。あと、ひたすらそれをマネするという荒技。THの発音練習で、舌から血が滲んだ経験があるアホな子です(笑)英単語は受験でかなり頭に入っていたのですが、やはり話すのが怖くて怖くて。皆さんもたくさん様々な経験談があると思いますが、ひとつ言いたいのは、今の人たちは教材も山のようにあり、DVDで英語字幕を出したり消したりと、本当に勉強に困らないだろうなあと羨...
続きを読む

英語(ニックネーム)

英語(ニックネーム)

英語のニックネーム(愛称)は、一応ルールがあるようですが、結構難しい場合がありますね。他界した夫の両親は、同じ墓地に眠る生涯を通じての親友ご夫婦がおりますが、なんと生まれる前から(?)知っていたはず夫は、ジニーという奥様の名前が、彼女のお葬式で、本名はヴァージニアと知ってびっくり!英語のニックネームの浸透度に驚かされました。職場でもマーガレットという名前の女性が何名かおり、「マージ」「マギー」[ペギー]などなど、随分混乱したものです。そこで、一般的なニックネームを性別に調べてみました。 ...
続きを読む

生きた英語 2015年11月

生きた英語 2015年11月

「これ何て言うの?」と考えた事も無いと思いますし、アメリカ人でも知らない人がほとんどなので、実用的では無い単語ばかりなのですが、ちょっと面白かったので、英語の記事から引用しました。   Petrichor 日照り続きの後に雨が降って、地面が濡れて乾いてきた時の草の様な爽やかな匂いです。元々、雨の成分は、ペトリコールPetrichor とジオスミン geosmin という有機化合物だそう。   Zarf 使い捨てコーヒーカップにつける紙製のカップホルダーの事。でもスタバで、Zarfと言ってもきっと通じないでしょう。昔、金属のカップホルダーをZarfと言ったので、それが由来だそ...
続きを読む

女性名詞、男性名詞

女性名詞、男性名詞

英語にないはずの女性名詞、男性名詞  英語には女性名詞や男性名詞がないはずなのですが、物を「She」または「He」と呼ぶのを聞いたことがあるはず。ネイティブに聞いても「小さい時からそう呼んでいるから気にしたことがない」という答え。確かに、日本語でも、「母艦」「姉妹船」「兄弟船(これは鳥羽一郎の歌だけど)」「母校」「姉妹都市」「母国語」、考え出せばきりがありません。なので、ちょっと検索してみました。 ...
続きを読む

8月号 生きた英語: 映画の名セリフ

8月号 生きた英語: 映画の名セリフ

一般的に『映画の名セリフ』としてリストアップされるものと、私が個人的に好きな名セリフを、この場を借りて紹介させてもらいますネ。★ ★ ★ ★ ★ ★Leave the gun. Take the cannoli. -- Godfather 1972「拳銃は置いておけ。 カノーリを忘れるな。」ゴッドファーザーのボス、クレメンザが、子分に裏切り者をWhack(マフィア語で「殺人」)させたあとに言う文句。www.youtube.com/watch?v=yHzh0PvMWTI★ ★ ★I'm gonna make him an offer he can't refuse -- Godfather 19...
続きを読む

生きた英語:世界の日本語!

生きた英語:世界の日本語!

Normal 0 false false false EN-US JA X-NONE ...
続きを読む

2015年6月号英語: 相づち

2015年6月号英語: 相づち

毎回、私事で申しわけありませんが、私の主人は私に話をする際、殆ど一文ごとに私が相づちを打たなければ「(彼の言う事を)ちゃんと聞いていない!」と、ご機嫌ななめになることがあり、そんな時、私は、和を保つために、まるで餅つきの捏ね取り(臼のかたわらに居て餅をこね返す人のこと)のように、定期的に相づちを打つようにしています。苦笑   こんな極端な場合でなくても、相手の話を聞いている間に、時々、タイミング良く相づちを打つのは、人との会話の一種のエチケットとも云えますし、社交の場での会話をスムーズに進ませる円滑油にもなります。 というわけで、今回は良く使われる英語の相づち表現をリストアップいたします。* ...
続きを読む

生きた英語 「置時計の謎」

生きた英語 「置時計の謎」

「置時計の謎」なんて、アガサ・クリスティーの小説のタイトルのようですが、英語の発音のお話です。 ...
続きを読む

生きた英語:不動産契約書用語

生きた英語:不動産契約書用語

私事でスミマセンが、私の「ビジネス」は、主人の仕事(商業不動産)の手伝いで、私の Job Description(職業内容)の一つに、主人経営のセンター内のテナントさんとの契約書のTemplate(雛形)作りというのがありますが、その作業をするなで、普段の会話では耳にしない法律用語がいくつか目に付いたので、この場を借りて紹介させていただきます。******Lessor/Landlord と Lessee/Tenant前者が大家さんで後者が借用者・テナントのことです***"As Is"家屋や商業スペースのレンタル契約の場合、「修理・改良などをせず、不良箇所等がそのままの状態」を承諾する、という意...
続きを読む

生きた英語 ことわざ ラ行

生きた英語 ことわざ ラ行

今月はラ行です。ことわざとはそもそも、観察と経験そして知識の共有によって、長い時間をかけて形成されたもの。その多くは簡潔で覚えやすく、言い得て妙であることというのが定義のようなのですが、「同じことわざでも文化の背景が異なることによって、まったく別の意味に受け取られるものも少数ではあるが存在する」ということで、ひとつ紹介します。"A rolling stone gathers no moss"(転がる石はコケむさない)は、イギリスや日本では「落ち着きなく動き回っているものには能力は身につかない」という意味だが、アメリカでは「いつも活動的に動き回っている人は持っている能力を錆び付かせることはない」...
続きを読む