フロリダ州タンパベイエリアで楽しく暮らすための情報ページ

生きた英語:擬音語・擬態語

生きた英語:擬音語・擬態語

p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 1.0px 0.0px; text-align: justify; font: 10.0px Osaka; color: #444444; -webkit-text-stroke: #444444} span.s1 {letter-spacing: 0.1px} span.s2 {letter-spacing: -0.1px} span.s3 {font-kerning: none} span.s4 {font-kerning: none; color: #ff2600; -webkit-text-stroke: 0px #ff2600} ...
続きを読む

生きた英語:うるせぇヤツら

生きた英語:うるせぇヤツら

私事ですが、何を血迷ったか、新学期から中学で教鞭をとり始めました。近所で通勤は超楽だし、前任者が辞めた後の後任がいないということで、子供が可哀そうだしなぁ、と引き受けたものの、10年間大学生を相手にしてきた私には、思った以上のストレスで辟易としているところであります。  おしゃべりがやめられない生徒の親との連絡に明け暮れている毎日なのですが、いつも迷うのがDisruption・Distraction・Disturbance。似たような語彙ですが、どう違うのでしょう?ちょっと調べてみました。 ...
続きを読む

2018年8月号 生きた英語

2018年8月号 生きた英語

メリットとMerit   メリットは元々は英語ですが、日本語だと「利点、好都合」の意味で使われますよね。英語の「Merit」は「長所、美点」という意味になります。意味も似てますし、同じように使える場合もあるのですが、違う場合もあります。...
続きを読む

2018年7月号 生きた英語:米国の新語

2018年7月号 生きた英語:米国の新語

先月号、寿美さんの「高校生新語」にインスピレーションを受けて、今月号では、最近の米国の新語をいくつかリストアップさせていただきます。* * *Baby Bump妊娠中女性のお腹が少々目立つ頃の腹部のでっぱり。週刊誌などで、有名人女性が妊娠?!などの興味本位の写真のコメントで良く使われる言葉です。*Blamestorming職場などで起きたエラーを、他の職員や部署のせいにする行為。*Boomerang Child独り立ちするといって家から出て行ったのに実家に戻ってきた子供のこと*Bromanceゲイではない男性同志の間の「ロマンス」*C-Note100ドル札のこと。「100」はラテン語で Cen...
続きを読む

生きた英語: Is it what I said? Or ... How I said it??

生きた英語: Is it what I said? Or ... How I said it??

p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 7.0px 0.0px; text-align: justify; font: 10.0px Osaka; color: #000000; -webkit-text-stroke: #000000} span.s1 {font-kerning: none} span.s2 {letter-spacing: -0.2px} span.s3 {letter-spacing: 0.2px} span.s4 {letter-spacing: -0.1px} span.s5 {letter-spacing: 0.5px} span.s6 {lette...
続きを読む

生きた英語 "順番の話"

生きた英語 

聞き慣れた言葉は、語順をわざわざ考える事は無いと思います。例えば、hip-hopをhop-hipと言いません。そう覚えてる事もあるのですが、元々、hip-hopの方が、hop-hipより言いやすいからそうなったのかな?と思いましたが、実はサウンドが似た言葉を繰り返す場合は、順番のルール―があって、アルファベットの2番目か3番目が、"I"そして"A"最後が"O"の順になるそうです。 例えば、chit-chat, dilly-dally, shilly-shally, tip top, mish-mash, flip-flop, tic-tac, sing-song, ding-dong, Kin...
続きを読む

生きた英語 "I'm good."ってどういう意味?

大昔、言語学の授業で「使われている言語は生きているので、どんどん変化していく」と習ったことがあります。確かに、アメリカに暮らして20年以上になりましたが、昔はそんなに聞かなかったけど最近よく耳にする言葉がいくつかあるのですが、その一つが"I'm good."です。特に若者がよく使うという印象があります。この"I'm good."ですが、ネットで調べてみると、文法的な見地からや、意味的見地からあれこれ議論されているようですが、ややこしいことは抜きににして、感覚としては、「大丈夫です。」というところでしょうか。...
続きを読む

生きた英語:世界の地名

生きた英語:世界の地名

世界の地名はほとんどの場合カタカナで表示しますが、これが意外と日本語読みと英語読みで違っていて、分かりにくいことがあります。ここ地元のSt Petersburgはセントピータースバーグですが、ロシアにある大都市の方はサンクトペテルブルグ(旧レニングラード)と言います。 ...
続きを読む

生きた英語:パーティーホストのマナー

生きた英語:パーティーホストのマナー

お友達のお宅のリビングルームとプールサイド(FLならでは!)で50人ほどのゲストが集まって催されたクリスマスパーティーでのホストのご夫妻のホストぶりが圧巻だったので、その晩にメンタルでメモをしたパーティーホストのマナーの数々を記させていただきます。 ...
続きを読む

毛染め用語

毛染め用語

ヘアダイのことを「毛染め」と言い続けていた筆者なのですが、「茶髪」の世代より前の人間なため(笑)、「毛染め」用語は日本語も英語もあまり強くありません。ところが、白髪がどんどん増えていくにつれ、いかに白髪を目立たせないようにするかを考えなければならなくなり、同時に、毛染めのテクニックもいろいろあるなぁ、と思ったものです。今回は、英語の毛染め用語を、こちらの美容院で使う基本用語と一緒にいくつかご紹介しましょう。 ...
続きを読む