フロリダ州タンパベイエリアで楽しく暮らすための情報ページ

2021年1月号 健康: 免疫力促進に野菜スープ

COVID-19発生で、改めて健康管理に意識を注ぎ、
特に『食』を 科学的に分析する予防医学が注目を集めている中、
ウィルス学 専門の医師が食する健康食を紹介します。

抗がん剤研究や細菌学・微生物学・ウィルス学研究の
世界的権威 である前田浩
さんが約30年前に論文発表した
インフルエンザ ウィルス感染症発現のメカニズムは、
現在のCOVID-19研究にも
生かされています。

    生野菜より
熱した野菜の方が 抗酸化力が強い

『野菜に含まれるファ イトケミカル(抗酸化 物質)には、
活性酸素を 中和させたり免疫細胞 を元気にさせる力が あり、

生野菜より熱を 加えた野菜の方が、
抗酸化力がはるかに 強い
ので、
スープ
が有効 だと考えています。
 (前田さん説)

Screen Shot 2020-12-12 at 2.19.05 PM.png

前田さんがスープにする野菜は6~7 種類ほど

『野菜の種類を多くして 様々な抗酸化物質を摂ること。
栄養 バランスを考えて
キャベツにんじん玉ねぎ、かぼちゃ、
抗酸化力の強い 大根の葉やセロリの葉
パセリクレソン など
濃緑野菜も摂ります

具沢山 スープは重く感じますが、
ポタージュ にすると喉越しが良く
飲みやすくなります。』(前田
さん説)

作り方は簡単!

野菜と野菜の2~3倍 ほどの水で40~60分煮た後、
冷ました スープを、ブレンダーでトロトロの ポタージュにするだけ。

前田
さん
は減塩 を意識して
基本的にはスープに味付け しない代わりに、
時々、隠し味として
岩塩、味噌、しょうゆ、カレー粉などを 少量加えるそう。


Screen Shot 2020-12-12 at 2.33.41 PM.png

このポタージュスープを、
大きめのマグカップで250ml~300ml、
朝食の始めに飲むとのこと。


また、
多忙な時でも飲めるように
多めに 作って小分けして冷蔵保存をするのも
前田
さんのルーティン。

COVID-19のワクチン普及を待つ間に
自主的に
免疫力強化の 方策を、
自分たちの日常生活に取り入れる努力をしたいですね。

参考サイト:  https://newspass.jp/a/vjaw8


ページ担当: フィカラかこ