フロリダ州タンパベイエリアで楽しく暮らすための情報ページ

一番良い季節になったけど。。

個人的には、10月は、陽気も良いし、一年でも一番楽しい季節。毎年、日本へ里帰りして、家族や友人達と一年ぶりに尽きることのないおしゃべりをして、大甥達や大姪の成長を楽しみ、食欲の秋とばかりに美味しい物を沢山食べて、日本ならではの物を購入し、こちらで手に入らない日本食品を大量に買い込んで、リフレッシュして1年分の元気を貰い、タンパに戻って来るというパターン。20年以上続けて来たこの時期の楽しみも、今年は勿論無理( ;∀;)。春先からのコロナ騒ぎも、もしかして秋には終息してくれるかと密かに期待していたけど、それは、夢のまた夢になりました。堪えますねぇ。。。毎年里帰りをなさっていらっしゃる皆さんの殆どが同じ思いを抱いていらっしゃることでしょう。

2020 oct suitcase.png

 何より不便なのは、日本からの小包便が止まっていて、必要な物を送って貰えないこと。ただ、抜け道というか、アマゾン日本の商品なら、物によってはDHLで驚くほどスピーディに送って貰えることを発見して、日本の本などを買い込みました。

いずれにしても、コロナ・パンデミックは、アメリカ、日本は言うに及ばず、インドの山奥、ヨーロッパ、アジア、南アメリカ、アフリカなどなど、世界の何処にあっても、生活習慣を全く変えてしまう影響を人々の生活に与えています。今後の見通しもはっきりしません。同じ悩みを、痛みを、心配を世界の人達がほぼ同時に共有するという現実。こんな事が今まであったでしょうか?約100年前の1920年代にスペイン風邪が大流行し、人口がかなり減少したと聞いていますが、世界は100年周期でパンデミックが起こり得るのでしょうか?

結婚以来ずっと手抜きできた食事作り(汗)も、コロナのおかげか、一応真面目に取り組むようになりました。人生で初めての連日の食事作り。。ああ、外食したいな。。それにつけても思うのは、自粛生活を恙なく送れるのは、病院、スーパーや郵便局を始めとした生活維持に欠かせない仕事をなさっていらっしゃる方々が、危険と直面しながら、働いて下さるお陰です。感謝してもしきれません。時間はかかるかもしれませんが、安全なワクチンや特効薬の開発が待たれますし、その間、お互いに感染には十分気を付けて過ごして行きましょう。来年はニュー無しのノーマルな生活に戻りたいものです。

ページ担当:ハインズのり子