フロリダ州タンパベイエリアで楽しく暮らすための情報ページ

コロナ太りに・・Walkingのススメ

Health.jpgコロナウィルスが世界中で猛威を振るい、生活習慣が大きく崩され、いろいろなことが制限されている今、一番気になる事柄の一つは運動不足ではないでしょうか。家にいて日がな何かを口にしていると、余程運動をしなければ、体重増加は免れません。だからと言って、普段やらない運動を今始めるわけにもいかないし、走るのは苦手だし・・・。今の状況でたいした無理をしなくてもできること。はい、それは歩くことです。 それも、延々と歩き続けるのではなく、まずは20分ウォーキング」。できるだけ毎日行う代わりに、翌日に疲労がたまらないよう、軽度なウォーキングを比較的短い「20分間」前後行います。無理をしないから、続けやすい。続くから、全身バランスよく鍛えられ、太りにくくやせやすい体を作ることができます。ウォーキングなら、普段の生活に近い負荷で運動を行うので、ケガをする可能性も減ります。一般的に有酸素運動では「2030分以上続けないと脂肪が燃焼されない」といわれますが、実は運動を始める前、日常的な生活の中でさえ脂肪は消費されています。つまり、「長時間有酸素運動をしないと脂肪は全く消費されない」というわけではないということです。運動は負荷をかける時間を継続していくことで神経が刺激され、ホルモンが増加していきます。すると脂肪がより多く分解され、糖質とともに血中のエネルギーとして消費されやすくなるので結果的に「長時間運動するほうが脂肪は消費されやすい」ということになります。この効果が大きく現れるようになる時間が「1020分前後」ということで、ダイエットが目的であれば更に時間を伸ばした「有酸素運動2030分以上」という時間設定が一般的になっているのです。家で過ごす時間が長い今なら、30分程度であれば無理なく歩くことができそうです。皆さん、お散歩をしまくって、ガンガン脂肪を燃焼させましょう!