フロリダ州タンパベイエリアで楽しく暮らすための情報ページ

特集1:ペットボトルの水は安全?その2

先月号では、水道水、スーパーで手に入る水の種類、供給源、安全性などについて、レポートさせて頂きましたが、今月号はペットボトルの内容、その危険性についての概略をまとめてみました。

 

☆ペットボトルの水について:Consumer Reportsより

 

大きく分けると各メーカーのペットボトルの供給源は以下の様です。

 

1)Munichipal Water(Aquafina and Dasani)

Dasani(Coca-Cola) Aquafina (Pepsi)は公共の水道水を濾過処理して使っています。アメリカで販売されている64%のペットボトルの水はいずれも公共の水道水だそう。だとしたら、私達は家庭で簡単に手に入る水道水を余分なお金を出して購入しているのでしょうか?

2)Spring Water (Poland Spring and Zephyrhills Natural Spring Waters)

Nestleブランドで、メイン州にあるポーランドスプリングとフロリダ州にあるザッファリーヒルスプリングの地下水を利用しています。

3)Artesian Water(Fiji Water)

南太平洋にあるフィージーの井戸からの水で、現地で濾過され、ボトル化されて輸出されています。

 

*驚いたことには、政府にはペットボトルの水をテストする規則はありませんし、水の販売元も自社のテストの結果を発表する義務はないそうです。


☆ペットボトルの容器の安全性は?


水質だけでなく、ペットボトルの水には、フタル酸エステル類*とよばれる環境ホルモンが検出されたり、容器自体にも大きな問題を抱えています。これらの容器中の有害な化学物質が、製造過程や保存過程で水に溶けだしているからです。又、微小なプラスチック粒子(マイクロプラスチック)がペットボトルの水に含まれていたり、長い間高温の元に置かれているとアンチモンやビスフェノールAという発がん物質の発生も疑われています。ただ、ペットボトルの歴史は浅く(1970年代)研究データーが少ない為、ペットボトルの水を飲み続けることによって、体内に蓄積された有害物質が、長い年月をかけて健康を害する危険性については未だ明らかではありません。又、世界各地で使用後のペットボトルが大量のゴミとなって、自然を汚染している深刻な問題も報告されています。

(*フタル酸エステル類は、ペットボトルを加工するために使われている添加剤で、男性の精子数減少、女性の妊娠率低下などへの影響が報告されています。)

遡ってみると、1997年に、有名なジャーナリズムの教授であるマッケイ・ジェンキンス(Mckay Jenkins)氏が、ペットボトルよりも水道水の方が健康的に優れているという研究を発表していました。彼は、自らの癌の発症を機に、日々の生活に実在する化学物質の脅威を調査し、私たちの身体から毒素化合物を遠ざけるための実用的なアドバイスを記した「汚染:有毒社会で生きぬくための探求1」を出版しています。

彼のみならず、飲料水としての安心、安全面を考えると、水道水を飲むことを勧めている専門家達もいるそうです。水道水という低価格の選択肢の方が、長期的にみると、私達の健康によい結果をもたらすかもしれないというのです。水だけでなく、口に入る物は、なんといっても安全性が一番大切なことですが、どの水(ペットボトルも含めて)が一番安全とだと言い切れない現況ゆえ、あながちこうした専門家の意見も的外れではないなと、私的には感じます。これからは、水道水を自分の家で濾過して使ってみようかとも思います。 尚、濾過器についてはConsumer reportによれば、市販されている濾過器の中で次の2つが、lead()の濾過に効果的でもあり、他の機能の面からも高得点を示しています。

1Brita Stream Rapids OB55  (総得点81点) 2) Pur Ultimate With Lead Reduction PPT711W(総得点77点)

後書き:このレポートは、あくまで参考資料を読み、まとめたものですし、Consumer Reportの全てをカバー出来ているわけでもありません。私共は専門家ではありませんし、誤訳或いは勘違いもあり得ます。誤った情報をお届けすることは出来る限り避けたいと思いますので、間違い或いは訂正など、お気付きの点は編集部までお知らせください。

 

参考資料:

 https://healthyeating.sfgate.com/difference-between-distilled-water-drinking-water-9002.html

https://www.epa.gov/environmental-topics/water-topics

Consumer Reports November 2019