フロリダ州タンパベイエリアで楽しく暮らすための情報ページ

特集2:日本国内移動情報

里帰りの際に日本国内を旅行される方々も多いかと思います。私も実家が地方なので国際空港に到着後、必ず国内移動が入りますし、国内を旅行することもあります。移動方法も色々変わってきているので情報を集めてみました。

JapanRailPass.jpg

JR(Japan Rail) Pass

海外に住んでいる私たちだけが使えるお得な旅行方法の代名詞とも言えるのがこのJR Passです。基本的にほとんどのJRの列車に7日間乗り放題で3万円弱(普通車)なので、使いこなせば非常にお得です。しかしいくつかマイナス点もあります。

外国人観光客だけでなく海外に住んでいる日本人でも使えるのですが、海外在住の日本人が使う場合は海外に10年以上在留していることを証明できる書類が必要になります。10年以上前に発行されたグリーンカードの写しでも大丈夫です。それ以外の証明書類に関しては http://japanrailpass.net/about_jrp.html を参考にしてください。

JR Passは多くの列車に乗り放題で経済的ではありますが、「のぞみ」と「みずほ」、その他一部使用できない列車があります。のぞみが運行し始めた頃は本数も少なく、この規制があっても対して不便さを感じなかったのですが、近年ではのぞみの数が非常に多くなったので、使える新幹線がぐっと減った感じがします。

7、14、21日パスの期間があり、自由席とグリーン席もあります。

いざ実際に使うとなると、短期で元を取れるくらい回ると、それぞれの場所の滞在が短くなったり、移動時間が長めになったりで、年のせいかもしれませんが(大汗)疲れます。

近年は自動改札機が一般的なので自動改札を使えないJRパスは山手線など都市部の列車でささっと使いたい時には不便です。


飛行機

一昔前までは「日本の国内線は高い!」というイメージでしたが、今はそんなことはありません。日本航空や全日空が外国人および海外在住者用のお得な航空券を販売しています。

日本航空:Welcome to Japan Fare 2区間28600円より

https://www.jal.co.jp/yokosojapan/japanfare.html

全日空: Discover Japan Fare 1区間11000円くらい

https://www.ana.co.jp/en/us/book-plan/fare/special/discover-japan.html

詳細はそれぞれのHPをご覧ください。

海外からの旅行者専用ではない一般客向けの超早期割引などの方がお得で座席指定などもでき、使いやすい場合もあります。この場合は両航空会社とも日本のHPから別に登録して予約・購入することになりますが、私はその時によって使い分けています。マイレージクラブの番号は日本のHPから予約してもアメリカから予約しても同じものが使えます。

国内線はマイレージを使って買っても結構少ないマイルで買えるのでマイルで買うのもお勧めです。

近年では低料金を売りにしているジェットスターなどの低価格航空会社(LLC)などで信じられないくらい安い値段でセールになる時もあります。私は実際には使ったことはありませんが、評判はいいようです。メール登録しておくとセールのお知らせが来ます。

https://www.jetstar.com/jp


高速バス

高速バスも路線によっては結構おすすめです。あまり長いと疲れますが列車などと比べてあまり所要時間が変わらないようなら、値段はバスの方が安い場合が多いと思います。その上高速バスは無料Wifi、トイレ、ゆったりシートと乗り心地も良いものが多いようです。私の経験では途中で道の駅で休憩したりするので修学旅行みたいで楽しかったです。笑 運営もJRやその他の地元の交通会社だったりするので行きたい「区間の名前+高速バス」で検索すると情報が出てくると思います。


宅配便

日本ならではの素晴らしいシステムの宅急便。自宅ー空港間だけではなく、空港ーホテル、さらにホテルから次のホテルへという使い方がかなり便利です。ホテルも大概対応に慣れています。来年のオリンビックに向けて外国人観光客への荷物を持たない旅行を提唱しています。旅行中の移動が格段に楽になるのでお勧めです。

http://www.global-yamato.com/en/hands-free-travel/


まとめ

短期間に長い距離を移動してたくさんの場所を観光したいのであればJR Passがおすすめですが、そうでなければ一般の値段で新幹線を乗りたい区間だけ買って、特別料金の国内線航空券&高速バスなどを組み合わせれば色々な乗り物にも乗れ、かつ時間短縮になる部分もあり、効率的で楽しい旅になると思います。


ページ担当:山崎由紀子