フロリダ州タンパベイエリアで楽しく暮らすための情報ページ

特集2:飛行機情報 2019年版

楽しい里帰りですが、フロリダと日本の距離は本当に長くて辛いです。いかに楽に飛行機に乗るか?少し贅沢してみるとどんな違いが出るのか?などの情報をアンケートでいただきました。


ANABusiness.jpg

ここ数年は、日本行きはANAの夜8時半羽田着の便に乗ってます。タンパ空港から午後に出発します。早朝にタンパから出発しないだけでも楽です。帰りも羽田から午後出発でタンパまで乗り継ぎ良い便があればもっと良いのですが。(Mさん)


1) いつもはエコノミーで我慢していましたが、色々耐えられないことがあり(隣のカップルがうるさい。臭いの強い物を持ち込んで食べているなどなど)体調を崩しがちで、とにかく長いフライト眠れることが少なかったのです。


2) 昨年は思い切ってビジネスに。普通なら当時6000ドルのが毎日チェックして、下がった時に購入しました。3950ドルでシカゴ乗り換えのANAでした。この値段なら絶対に価値があります!


3)まず、ゆっくり横になって眠れることの快適さ。隣がいない快適さ。日本の新聞やら、雑誌やら豊富にあり、退屈しませんでした。食事も良かったですし、スナックとしてラーメン(一風堂)やおにぎりや、色々頼めます。成田ではANAのラウンジに入れて、無料で色々な食事が頼めました!初めて、飛行機の旅で3時間眠れました!奇跡に近い!


4)荷物もビジネスですと、マークがついていて、待たずにすぐ出てきます。長時間のフライトで疲れた体にはとても有難かったです。


5)帰りはヒューストン乗り換えでしたが、ヒューストンは乗り換え便のゲートにたどり着くまで、結構かかりました。行きのシカゴは問題なかったです。今年もビジネスで帰りたく、毎日チェックして(ANA, IACE, HIS)連日8000ドル、時には9000ドルで、心折れそうでしたが、ある日突然値下がりし(3サイト共)即、電話して予約しました。3756ドル、やった!です。行きはシカゴ経由で成田着、帰りは羽田発で、やはりシカゴ経由です。

ANAで帰りたかったので、チープチケットなどのサイトはどのエアラインになるかわからないし、一応チェックはしましたが、あまりあてにならなかった。トラベルエージェンシーの方にも日にちと予算を言って、安くなったら連絡してくださいとお願いしましたが、全く連絡はありませんでした。やっぱり自分で、毎日チェックする以外ないよう。昨年のことを思い出すと、出発の2か月前位に値段が下がっています。まだビジネスの空席が沢山あるとの話でしたので、これ以上下がる可能性もあるけれど、逆の場合も多いので、一応満足です。 

N子さん)


エコノミーで良いと思う席は窓から通路への席が3席から2席に変わる部分です。この座席がある機種は限られるかもしれませんが、通路側の席の横が足を伸ばしてもカートや他の人とぶつかることもなく、自分のスペースのように使えます。

Zaseki.jpg

最近JALのプレミアムエコノミーに乗ってみましたが、エコノミーが高い時期で500ドルくらいプラスでプレエコになりました。スペースもゆったりしているし(前後&幅)シートの外側が動かないのでシートを倒すのも気を使いません。隣とも頭の部分にちょっとした仕切りがあり少しプライバシーがあります。私は窓側が好きなのですが、隣の人があまり大きくなければどいてもらわなくても通路に出れらるくらいのスペースがありました。荷物はビジネス扱いで早く出てきますし、空港のラウンジも使えます。しかし機内食はエコノミーと大して変わりませんでした。プレエコと言っても各会社によって結構サービス内容が違うようですので他社の詳細は調べてみてください。次回の里帰りは初めてデルタに乗ってみるのですが片道だけデルタが去年から導入したプレミアムセレクトというクラスを取ってみました。情報によると乗り心地と食事はビジネスより、でもラウンジは使えないそうです。

JALPreEco.jpg

元乗務員の人から聞いた話ですが、エコノミーの場合はベジタリアンでなくてもベジタリアン用などの特別食を頼むと通常の食事よりきちんとしたものが出てくる場合が多いそうです。 

KAYAKなどの旅行サイトでプライスアラートをかけておくとこまめに値段の情報が来るので便利です。新規路線が就航すると安いチケットが出る可能性が高い気がします。(Y子さん)


アメリカ系航空会社のビジネスクラスの中ではデルタが抜群に良いと思います。2020年の3月からはアトランタ便を含む日本との便が全て羽田発着になります。(Nさん)


ページ担当:山崎由紀子