フロリダ州タンパベイエリアで楽しく暮らすための情報ページ

特集1: クレジットカードの不正利用・スキミング

わたくし、何を隠そうこの3ヶ月でクレジットカードの不正利用を 2度もされてしまいました。もちろん不正利用をされるたびに、ク レジットカードが交換され、携帯電話からNetflexの支払いといっ た、すべてのオートペイメントの設定をやりなおさなければならな いという悪循環。デイリーユーズとオートペイメントのクレジット カードを分ければいいのですが、ポイントを貯めていたりするので つい。笑


いったい何がいけないの?!なぜ不正利用されるに至るの?!と不 正利用課の電話担当者に問うた際に返ってきた言葉は・・・わたし の利用履歴を見ながら

「ガソリンスタンドかなあ、違うところで数 回入れてるよね?スキミングだろうねえ」

というもの。そうです、 スキミングとは、デビットカードやクレジットカードなどのカード 情報を盗まれ、勝手に使われてしまうことなわけですが、例えばこ のガソリンスタンドの場合、カードをスライドするところに、カパッ とリーダーがはめられていて、そのリーダーがあっさりカード情報 を読み込むのだそう。聞いたことはあっても、こんな原始的な不正 が蔓延しているとは、なんと恐ろしい!あっさり見分けられないことの恐ろしさたるや!

ちなみに、カードをスライドさせるところに この「カパッ」とニセモノがマウントされている率が一番高い州が、 フロリダ州なのだそうです。下の写真、どうですか!これはなかな か気づけないですよね〜!?(笑)

cc2.jpg
cc3.jpg


ほとんどのクレジットカードは「責任ゼロポリシー(zero-liability policies)」を提供しています。連邦法で60日以内に詐欺行為が報 告された場合は、最大50ドルまでは責任を問われないそう。レスト ランのウェイターやコールセンターのオペレーターによるスキミン グの事例もたくさんあるので・・・防止は難しいのですが、マメに クレジットカードの明細を確認することが大事。このスキミング以 外のクレジットカード詐欺を防止するためのヒントです。

  1. 「フィッシング」に注意 フィッシングは、クレジットカード番号などの個人情報を漏らす詐 欺行為。Eメール、電話、テキスト、郵便物など様々な形式があり ますが、皆さんもロゴや会社名あ使用されているこわいEmailを受 けても、間違ってもリンクをクリックしたり、添付ファイルを開け たりしないようになさってくださいね。信憑性を確認するには、ま ず送信者のメールアドレスに要注意。

  2. EMVチップカードを使用 カードをスライドせず、チップを 読み込ませる方法で支払うと、不 正行為がかなり軽減されます。た だし、無人端末(ATMなど)には 注意して、カードスロットに不審 も物体がある場合は、使用しないように

    cc1.jpg
  3. スマートフォンで支払う
    Apple PayやAndroid Payなどのスマートフォンベースの支払いサー ビスだと、実際のクレジットカード番号を収集されないのでより安 全。デバイスのロック画面はパスワードで保護されることが多いの で、個人識別番号や指紋などのバイオメトリック識別情報によって ロックを解除されない限り、使用できなくなるからです

  4. 図書館、空港などの公共のWi-Fiでのクレジットカードによる取 引を行わない VPNの特集でもお話しましたが、公共のWi-Fiはハッカーからしたら 丸見えです

  5. オンラインパスワードの強化 文字、数字、特殊文字のランダムな組み合わせを入れて、オンライ ンパスワードを強化しましょう。どうしても同じパスワードをすべ てに使いたくなりますが、 アカウントごとに変えるのが理想的

  6. クレジットカード番号を示す書類・文書をシュレッダーにかける めんどくさがってはいけないのですね。小さくして抹消


アメリカ生活=クレジットカード生活。便利なクレジットカードの利用は自己責任。ズボラなわたしも、最近は明細表をきちんと確認するようになりました(恥)

(キルゴ亜矢)