フロリダ州タンパベイエリアで楽しく暮らすための情報ページ

特集2:ハリケーンアルマ体験談 第2弾

アルマ直後の慌ただしい中、アンケートにご協力くださった皆様、誠にありがとうございました! すっかりハリケーンのことがウソのような日常に戻っていますが、先月号の続きです。

アルマ写真.jpg

 


冷蔵庫を空にしておけばよかった!自宅待機のプランだったので停電は覚悟していたのです。”冷蔵庫を満杯にしておくと停電後も冷気が長時間続く”と聞いて、氷で一杯にしました。これ、1日くらいなら良いけど、2日目からは溶けた水がどんどん下へこぼれて、野菜もなんも水浸し、床にもでっかい水たまり。毎晩氷を取り換えても水浸しは改善しないです。ものは取り出しづらいし、最悪。こんなことなら、クーラーに厳選した食材を移して氷を取り換えやすくすればよかったのですね。電気のとおってない冷蔵庫は乾拭きすれば清潔。

「これを用意しておけばよかった」

PLYLOX windowstorm window clips ー 後から聞いたのですが、窓に板打ち付けるのにコンクリートに穴開けることなく、はめ込むだけのクリップがあるんだそうです。さらに、オプションのソフトフォームを隙間に差し込むと、ハリケーンの音もほぼシャットアウトしたそう。実際にクリップ使った方から聞きました。

ドライアイス ー 全然知らなかったのですが、ドライアイスをクーラーに適切な方法で保管すると1週間も持つんだそうです。食材を冷やすのにグッド。

マルチアウトレットのエクステンションケーブル ー お隣さんが電気を分けてくれる時持ってきてくれたもの。電源ひとつから、冷蔵庫、照明、扇風機が一気に充電できました、優れもの。

グロースティック ー 懐中電灯がわりに。首から下げておけば失くさないし、安いし、使い捨て。懐中電灯って、必要な時に限って「どこ置いたっけ?」ガチで…。

「持っててよかった~」と思ったこと

ご近所さんとの繋がり ー コミュニティの団結が素晴らしかった!台風の情報交換、お互いの無事を確認しあう事で、恐怖感のかどがとれました。停電中はお互い助け合って、コーヒー、氷、ビール、モバイルルーター等をシェア。蒸し暑くてたまらない夜は道路で6世帯ブロックパーティになったりと、メンタルとマテリアルの両方でささえられました。ソーラーパワーのガーデンライト、プロペングリル、モーションセンサー式ライト、ボードゲーム、も、停電中の強い味方でした。(Sさん)

 

今回はフロリダへ引っ越して来て初めてのシェルター行きかとかなり心配したんだけど、幸いにウチは停電も無く、ガレキの山が庭に出来たのと、風で飛ばされた枝がパティオスクリーンの下の所にあたって凹んだ程度で済みました。何せ進路がどう動くか分からなかったので、避難した方が良いかもと思った時には、ホテルは一杯、飛行機(Jetblueでハリケーン避難用格安$99のチケットがあったので)も日曜発の便まで取れない状態。結局日曜は空港が閉鎖されたので、買わなくて良かったけど。どこへ行っても、飲料水、ガソリンなどが売り切れ状態でびっくり(日本のオイルショックの時のよう)。パニック状態の人がレジに並んでる人と言い合いしてるのを見たり、サンドバッグをもらう人の行列で凄い道路の渋滞に巻き込まれたり、こちらまで動揺しました!

洪水になった時の為と、サンドバッグや工業用・作業用シートを入手しようとしても手遅れだったので、うちはウォールマートでピクニック用のテーブルクロスをダックテープでドアに貼り付け、その上に水をいれた黒いゴミ袋やウォーターソフトナー用に買ってあったソルトの袋を重しにして代用しましたよ!物がない時は知恵を使うしかないですから(笑)

今回良かったことは、買った家がたまたまハリケーンファブリックが付いてたので、窓に板を貼り付ける必要がなかったのが助かったのと、電線が地下なので停電が無かった事が有り難かった。それと、久し振りに近所の人皆と話をし、助け合える人が側にいるという安心感を得られた事(特にウチは近くに親戚が居ないので)。あと、日本の友人、以前住んでたロスの友人など沢山の人が心配してメールやテキストをくれたのが嬉しかった。ウチの旦那と、こういう非常時にどの人が本当の友人か分かるねと話をしてたんですよ。(K子さん)

 

私は我が家が2階建てのタウンホームなんですけど、2階の窓にシャッターをつけるのにはしごがなかったので、どうやってとりつけようか悩みました。

結局近所の人に手伝ってもらえたので無事にとりつけられてよかったけれど、これがはしごが借りられないままで、それもハリケーンがあのままカテゴリー4で来ていたらどうなってたんでしょう!? 一番心配だったのはガソリン。 満タンにしても仕事に行かないといけないからどうしても使ってしまう、また満タンにしておかなくちゃ、でもどこも長い行列や売り切れであせったりして。 で、助かったのが Gasbuddyというアプリ。これで何となくどこでガソリン売ってるかの目安がつきました。とにかく今回思ったのは 備えあれば憂いなし ですね。(K美さん)

 

家買う時フラッドインシュランスに入る様に言われなかったことから、そんなzoneだとは知らなかったのですが、今回調べたらzone Aでびっくり。

帰りは21時間かけて他州から帰ってきたのですが、フロリダに入った途端に運転のマナーの悪さがあからさまでした。

でも、初めての猫連れての長旅、猫も凄く怖かったみたいで、いつもは絶対にあり得ない膝抱っこをさせてくれたのが幸せでした!(Rさん)

 

(キルゴ亜矢)