フロリダ州タンパベイエリアで楽しく暮らすための情報ページ

特集:アレルギーテスト(遅延型アレルギー・食物不耐性+不足している栄養素)

Grouponで偶然みつけた「アレルギーテスト」というタイトル。数十年生きてきて自分が何に耐性が低いのか、なんとなくは感じていたものの、調べたことがなかった私。どうやら髪の毛のサンプル3本をとある研究所へ送ると、1421日で結果を受け取れるらしい。病院行かなくていい時点ですでに興味が倍増。ただ「この試験ではIgE型のアレルギーは測定されない。600項目に対してテストを実施、85%を超える不耐性レベルの原因となる可能性が高いもののみ報告」と記載されているところを見ると、どうやら即時型アレルギーではなくて、遅延型アレルギー・食物不耐性の検査のよう。

at1.JPG

即時型食物アレルギー、食べたり接触することで湿疹がでたり呼吸困難になったり、IgE検査で陽性反応がでるか」で判断されますが、遅延型食物アレルギーの症状は多様で、なおかつ重篤でないため、 ほとんどの場合「単なる体調不良」「疲労困憊」「症状に応じた病名(頭痛持ち)」などと誤診されることが多いそう。遅延型は文字通り遅れて症状が出たり、特定の食物を消化することが困難だったり、脂っこいものを沢山食べると下痢をしたり湿疹が悪化したり、これらはアレルギー反応ではなく、食物不耐症なのです。

食べ物をエネルギーに変えるため、消化・吸収などの代謝を行う際、この代謝に必要な「酵素」が食べ物ごとに決まっていて、これら食品の分解に必要な酵素がないと、その食べ物を摂取しても消化できないため、疲労や頭痛などの様々な症状が出るのだそう。


家族全員の毛髪を採取し(笑)送ってみたところ、10日程度でEmailにて結果が送られてきました!

 

予想はしていたけど、出てくる出てくる・・・なかなかショックな結果。ガーリック大好きなのに99%!(ガーリック断ちは無理)馬刺しはやめよう(食べない食べない)全レタスもキャベツもなかなか高得点!(サラダ食べられないの?)とか、ブツブツ言いながら熟読。非食物の項目もあり、実はうっすら気づいていたけどあえて無視していた「犬の上皮」をみたときは、やっぱりショックでクージョ(愛犬)に伝えたところ、それを聞いた娘が誤解し号泣するといったハプニングもあったり() また、娘の検査も行ったことで把握できたのでちょっと嬉しい。大好物のサーモンがリストにあるのをみて「悲しい」といいながらも、忘れたのかムシャムシャ食べていますが。

 

対策として、疲労感、倦怠感、頭痛、腹痛などの特定の症状には「この食物かもしれない」とある程度推測したら、5日間程度その食品の摂取を断ち、緩和状況を見ましょう。ただ、残留痕跡を完全に除去するためには、2週間程度かかると言われているのだそうです。どうしても食べたい場合は少量摂取なら問題ないかもしれませんが、人によっては少量でも症状が出ることがあるため、注意が必要ですね。

このテストには「不足している栄養素リスト」もついてきました。これは多分、その頃の生活習慣が大きく作用すると思われますが、あ~と心当たりがあるものも。

結果として、このテストをしたことで何を食べるべきかが少し解明できたので、わたし的には納得です。興味のある方は、グルーポンへGO!  https://www.groupon.com/

at3.JPG
at4.JPG