フロリダ州タンパベイエリアで楽しく暮らすための情報ページ

特集:IC乗車カード

日本に里帰りして電車に乗るために切符を買って、それを限られた数の改札機で使っていると、携帯電話が一般的になり始めた頃、公衆電話の数がどんどん少なくなって、日本の携帯電話を持っていない里帰り中の私たちは不便(浦島太郎感も)を感じたのを思い出します。

首都圏及び大きめの地方都市ではどんどん一般的になっているIC乗車カードについて調べてみました。

SuicaPasmo.jpeg

首都圏で使われるのが主にSuicaPASMOです。もとはSuicaJR系、PASMOは私鉄系という感じだったのが2013年に相互利用ができるようになってほとんど違いがなくなりました。購入方法や使い方もほぼ同じです。メリットが多く、すでに使っている編集部員によると、

  • 路線図を見て面倒な運賃計算もなく、使った分だけ残金から引かれるのでとても便利
  •  乗り換え時も切符の買い替えなどがない
  • 電車(JR & 私鉄)でもバスでも利用OK
  • 小銭を持ち歩く必要がなくなる
  • コンビニ、売店、デパート、自販機などでの買い物もできる

だそうで、N子さんは「日本に行く時は、パスポート、携帯、クレジットカード、Suicaがあれば、なんとかなる!」とまで断言しているほどです。笑


購入方法:駅の窓口または特別発券機で購入します。はじめに500円のデポジットがかかるので、購入金額にはその500円分が含まれます。個人情報を入れて記名式カードにしておくと、万が一紛失した時に再発行が可能で、失くしたカードに残っていた残額を新しいカードに引き継ぐことが出来ます。

gamen.jpg

利用方法:カードを改札機の読み取り画面にタッチさせます。お店で買い物に使う場合やバスで使う場合も同じ方法です。


入金(チャージ)方法:駅などの発券機またはチャージ機で現金を使ってチャージできます。取扱店でチャージできる場合もあります。


履歴・残高照会:発券機で行えます。


利用可能エリア:首都圏だけでなく全国各地で使えるところが広がっています。交通系ICカード

ICmark.jpg

のシンボルマークが付いているところで使えます。使える場所がどんどん増えているので、前回の里帰りではできなかった場所でも今回は大丈夫かもしれません♡


払い戻し:不要になった場合はSuicaJR東日本のエリアの駅で、PASMOは東京エリアの私鉄の駅で払い戻しをすると残金とデポジットが戻ってきます。


関西圏でよく使われているのはICOCAPiTaPaですが、PiTaPaは後払い式のクレジットカードのような方式になっているので里帰り中だけ使いたいという人には向きません(というより、取得できないと思います)。一方、JR西日本が発行しているICOCAは前出のSuicaの関西版といった感じで、誰でも利用できますし、使い方もほぼ同じです。ICOCA(関西弁の「行こか」にかけている)のキャラクターもなんだかSuicaのペンギンに比べて雰囲気がグッと大阪っぽい感じです。笑

SuicaIcocaKyara.jpg

他にも主要エリアのIC乗車カードがあります。


Kitaca - JR北海道

TOICA - JR東海

manaca - 名古屋エリアの交通系会社

SUGOCA - JR九州

nimoca - 西日本鉄道

はやかけん - 福岡市交通局


以上で紹介したすべてのICカードは相互利用ができるので旅行中も買い直したりする必要がなくとても便利です。ただ、まだ全国に行き渡っているわけではありませんが、便利さを極めるのが上手な日本社会のことですから、これがどんどん広がっていくのは時間の問題だと思います。


詳細はこちらのリンクでご覧ください。

Suica

http://www.jreast.co.jp/suica/

PASMO

http://www.pasmo.co.jp/

ICOCA

https://www.jr-odekake.net/icoca/

 

ちなみにICカードとはIntegrated Circuit Cardの略で情報(データ)の記録や演算をするために集積回路 (IC) を組み込んだカードのことです。


ページ担当:山崎由紀子