フロリダ州タンパベイエリアで楽しく暮らすための情報ページ

超強力サプリ:グリーンスムージー

Kale.jpg
一時、「青汁」という言葉をよく耳にしましたが、今でも日本に行くとよく見かける言葉です。天然サプリ、といったところでしょうか。この青汁の主原料となるの野菜は、"緑黄色野菜の王様"と呼ばれるケールが使われることが多いそうです。Kaleって、アメリカでもよく耳にしますよね。どんな野菜なんでしょう。
ケール(アブラナ科)はキャベツの一種で、普通のキャベツは結球しますが、ケールは不結球性で、一年中栽培できる生命力の非常に強い緑黄野菜です。栄養価が高く、一年中栽培できることから青汁の原料として使われるようになりました。がん抑制に効力の大きいベータカロチン(ビタミンA)が多く、その量は、ブロッコリーの約8倍も含まれています。ビタミンや食物繊維(ごぼうの3.5倍)が豊富なのはもちろんですが、特筆すべきはカルシウム。カルシウムと言えば、まず牛乳や小魚が連想されますが、実はケールにも豊富に含まれており、身体への吸収が特に良いことも知られています。たとえば牛乳に含まれるカルシウムは、100g中110㎎ですが、それに対してケールは220㎎と牛乳をはるかに上回っています。ちょっと想像しにくいですよね。

さて、どうやって食べるかですが、サラダにするにはちょっとtoo muchと思う方におススメしたいのがケールのスムージー。放っておくと野菜や果物を全然食べない息子になんとか野菜を食べさせようと考えていた時に出会ったGreen Smoothie、見た目はとっても綺麗な深緑。だけど、子供にしてみれば一瞬「え?」と思う飲み物なのですが、飲んでみるとケールの味や野菜っぽいにおいはありません。私がブレンダーに入れるものを記してみますので、一度お試しください。

Green Smoothie

kale2.jpgのサムネール画像

冷凍パイナップル:適量

ケール:私は結構いっぱい入れます。一人分につき、握りこぶし二つ分ぐらいを押し込みます。

バナナ:適量(さっぱり味がお好みであれば、バナナはいらないかも)

オレンジジュース:に適量(多すぎるとトロトロになりすぎます)

ライム:大きいものなら二人で半分ぐらい使います。(皮をむいた方がいいかも)

以上をジューサーでブルル~ン。強力サプリの出来上がりです!