フロリダ州タンパベイエリアで楽しく暮らすための情報ページ

生きた英語 2016年4月

英語と日本語のことわざの類似点


亜矢ちゃんが紹介している英語のことわざシリーズ、とっても興味深く読んでいます。そして、時々感じるのですが、言語、文化、歴史といった違いにも関わらず、日本語のことわざの中には、こうした英語と共通しているものが多くあり、日本独特の諺と思っていたら、英訳した諺だったり、語源が日本のものでなかったりします。今月はそう思われる慣用句を幾つかご紹介したいと思います。

一石二鳥:Kill two birds with one stone (もともと英語だった諺)

早起きは三文の徳:The early birds get the worms

悪事千里を走る: Bad news has wings.

鬼の居ぬ間に洗濯: When the cat’s away, the mice will play.

溺れる者は藁をも掴む:A drowning man will catch at a straw.

終わりよければすべてよし:All’s well that ends well.

蛙の子は蛙: Like father, like son.

勝てば官軍、負ければ賊軍 Might is right. Losers are always in the wrong.

恋は盲目(あばたもえくぼ) :Love is blind.

光陰矢のごとし:Time flies like an arrow

幸運の前髪を掴め:Seize the fortune by the forelock.

後悔先に立たず(覆水盆に返らず) It’s no use for crying over spilt milk.

郷に入りては郷に従え:When in Rome, do as the Romans do

芸は身を助ける: Art  brings cheese.

紺屋の白袴:The shoemaker’s wife goes barefoot.

大山鳴動して鼠一匹: The Mountains have brought forth a mouse. (これはイソップ寓話からだそうです)

ただより高いものはない:There is no such thing as a free lunch.

塵もつもれば山となる:Every little bit counts.

沈黙は金:Speech is sliver, silence is gold.

鉄は熱いうちに打て: Strike while the iron is hot

天は二物を与えず:God does not give two gifts.

時は金なり: Time is money (ベンジャミンフランクリン)

隣の芝生は青い:The grass is always greener on the other side of the fence

捕らぬ狸の皮算用:Don’t count your chickens before they hatch.

類は友を呼ぶ:Birds of a feather flock together