フロリダ州タンパベイエリアで楽しく暮らすための情報ページ

3月表紙

今年はすっかり暖冬だと言えるタンパペイエリア、これを書いている2月中旬に数日間寒い日・・・と言っても20度を切るだけでも「さむいー!」と大げさに思ってしまっていた私ではあります。



先月の1ページ目でも暖冬と生態系のことにふれてありますが、やはり地球がどんどんちょっとづつなにやら変化していっている気がしてなりません。先日ラジオで聞いた中南米で流行しているジカ熱(Zika virus)であっても、政府が国民に妊娠しないように呼びかけるなんてことが起きている状況。これはデング熱やチクングニア熱と同様、蚊に刺されてから2~7日後に発熱、発疹、関節痛が表れて、目が赤くなる結膜炎を起こすのが特徴なのだそうですが、エルサルバドルで患者数が急増しているギラン・バレー症候群もこのジカ熱との因果関係が疑われているとのこと。下肢から上半身に麻痺生じて歩行困難になり、呼吸筋や脳神経にも麻痺がおこるそうで、蚊にさされる恐怖たるや、とんでもないことになっています。2016年の8月にリオ五輪がブラジルで開催されるわけですが、冬に当たる時期とはいえ、ネッタイシマカに刺される危険性は十分にあるとのことで、これ以上被害が拡大しないことを願うしかありません。

アメリカの3月は夏時間への変更がやってきます。わかってはいても「あ!」と当日ちょっとびっくり。サマータイムについては、アメリカのほとんどの地域で実施していますが、アリゾナ州の大部分及びハワイ州では実施されておらず、インディアナ州に限っては、大半の自治体で実施していませんでしたが、2006年から州全域で実施するようになったそうです。このDaylight Saving ことサマータイムの期間、2007年から3月の第2日曜日午前2:00~11月第1日曜日午前2:00に延長されています。2016年のサマータイムは3月13日(日)に始まり、11月6日(日)に終了します!

アメリカ合衆国の本土では、東から順に、東部時間(EST)中部時間 (CST)山岳部時間(MST) 太平洋時間(PST)の4つのタイムゾーンがあり、本土以外では、アラスカ(AKST)及びハワイ・アリューシャン(HAST)の二つのタイムゾーンがあります。カリフィルニアの友人に電話するのも、3時間違うことを頭に入れていないといけないなんて、日本のように小さい島国で生まれ育ったせいか、いつまでたってもこの国内時差に慣れないのは私だけでしょうか。

3月、やはり、どうしても5年前の3月11日に起きた東日本大震災が一番に思い出される方も少なくはないのでしょうか。キーライムでは、変わらず I LOVE JAPAN CRAFTというウェブサイトを中心に、タンパベイエリアに在住するたくさんの方たちのクラフト製作にて、今も支援を続行中です。ウェブサイトだけでなく、イベントに参加し販売も行っております。


12717842_10153925031399402_4297435220647963246_n.jpg


ilovejapancraftcom/

同グループは100%ボランティアから成りたっており、これらクラフトの販売資金は東日本大震災で被害を受け、逆境に負けず前に進む努力を続ける被災地の子供さん(広田小・中学校、福島県相馬市震災孤児基金、東日本大震災福島子供寄付金)やペット達の支援金として100%送られています。

(キルゴ亜矢)