フロリダ州タンパベイエリアで楽しく暮らすための情報ページ

12月 表紙

12月という言葉を調べていると、北半球では meteorological winter(気象上の冬)で、南半球では夏の最初の月、とありました。自分勝手なもので、12月と聞くと寒いイメージしかなく、コタツでほっこり・・・というようなことしか思い描けないのですが、よく考えてみると、南半球では夏の始まりなのです。師走.jpg


そういえば、オーストラリアの切手で、サンタクロースがサーフィンをしているものを見かけたことがありましたっけ。筆者は、今年タンパからアトランタ郊外へ引っ越してきたのですが、車で北へ8時間走っただけ(って、長いですね・・・)で、すでに電気毛布が手放せない毎日です(笑)。でも、どこにいてもやっぱり日本人。12月はホワイトクリスマスでもなく、やっぱり「師走」です!お坊さんが走り回っている場面を想像するわけではないのですが、人々がなんとなくせわしげに年末の買出しに出たり入ったりする様子を思い浮かべてしまいます。去年の年末、久しぶりに日本に行くことがあったのですが、スーパーに並ぶ物もお正月一色で、店の一角にはいろいろなしめ縄、ミニチュア門松、鏡餅が色とりどりにひしめきあって売られており、久しぶりにお正月の気分を味わうこととなりました。タンパの12月は突然気温がドッと下がったかと思えば、次の週にはみんな半そで・・・という、気温のアップダウンが激しい月というイメージがありますが、みなさん、日本の師走を思い出して、暑くても寒くても、ちょっと師走気分に浸ってみましょう!

12月という言葉を調べていると、北半球では meteorological winter(気象上の冬)で、南半球では夏の最初の月、とありました。自分勝手なもので、12月と聞くと寒いイメージしかなく、コタツでほっこり・・・というようなことしか思い描けないのですが、よく考えてみると、南半球では夏の始まりなのです。そういえば、オーストラリアの切手で、サンタクロースがサーフィンをしているものを見かけたことがありましたっけ。筆者は、今年タンパからアトランタ郊外へ引っ越してきたのですが、車で北へ8時間走っただけ(って、長いですね・・・)で、すでに電気毛布が手放せない毎日です(笑)。

でも、どこにいてもやっぱり日本人。12月はホワイトクリスマスでもなく、やっぱり「師走」です!お坊さんが走り回っている場面を想像するわけではないのですが、人々がなんとなくせわしげに年末の買出しに出たり入ったりする様子を思い浮かべてしまいます。去年の年末、久しぶりに日本に行くことがあったのですが、スーパーに並ぶ物もお正月一色で、店の一角にはいろいろなしめ縄、ミニチュア門松、鏡餅が色とりどりにひしめきあって売られており、久しぶりにお正月の気分を味わうこととなりました。

タンパの12月は突然気温がドッと下がったかと思えば、次の週にはみんな半そで・・・という、気温のアップダウンが激しい月というイメージがありますが、みなさん、日本の師走を思い出して、暑くても寒くても、大掃除なんかしてみたりして、ちょっと師走気分に浸ってみましょう!