フロリダ州タンパベイエリアで楽しく暮らすための情報ページ

地元情報(冠水時のドライブ&道路事情)

1994年にタンパに引っ越して来て、何が驚いたといって、道が少しの雨で、すぐ川になり、車がボートのように白波をたてて走っていたこと。あまりのことに、自分の目を疑いましたし、今でもその光景が脳裏に焼きついているほどです。。排水がきちんとしていないからなのか、短時間に多量の雨が降るからなのか、之までの経験では、ハリケーンによる雨よりむしろ突然の雷雨で、冠水に直面する率が多いような気がします。日本でもあるのかもしれませんが、これほど頻繁に、短時間になった記憶がありません。

 

hr1.jpg

先日(610日)も凄かったですね。今までで一番の冠水だったと思います。こうした場合は家にいて、出ないのが一番ですが、外出中に突然雷雨があったり、どうしてもでかけなければならないこともありますし、それぞれの地域の道路事情を頭に叩き込んで、いざという時に、広く選択の幅が持てるように情報の交換ができればと思います。個人的な経験ですが、雨量が多いなと思う時、タンパ(南タンパ)周辺で避ける方がよい道路は:

 

1DALE MABRY HENDERSONの交差点付近:これは大雨の時にまずニュースで映されるほど有名です。

2BAYSHORE BLVDTampa)1)と良い勝負です。特にダウンタウン寄りが、頻繁に冠水となります。

3WESTSHORE(中でもInternational Mall Kennedy Blvdの間の数ブロックがひどい)

4) South Gulf Blvd.(Clearwater Beachの南側)の一部

 

雨量が多くなれば、上記の三箇所だけでなく、Kennedy Blvd Hillsborough Aveも部分的にですが川になりますし、他の道路もしかりです。

編集部では、大雨の時は、この道だけは避けた方が良いという地元情報を募集しておりますので、口コミでも結構ですので、お知らせください。いずれにしても雷雨の場合は、一般的には、30分から1時間待てば雨が止みますし、水も引きますので、安全と思われる場所を見つけて停車して「待つ」ことが大事なことだと思います。急激な雨で、どうしてもそれができない場合は、ブレーキをかけても、とまるまで時間がかかりますし、ゆっくりと注意深く運転して、停車に適当な場所を、一刻も早く見つけましょう。冠水した道路で、水位がマフラーまで達し、マフラーから水がはいり、止まってしまった車や、道が見えない為、溝に落ちた車も沢山見ていますし、夏のタンパエリアのドライブは、天気予報に注意し、ドライブする地域の道路の情報を持ち、大雨・冠水となったら、安全第一で、水が引くのを待つという覚悟が必要かと思います。