フロリダ州タンパベイエリアで楽しく暮らすための情報ページ

そうだ、釣りへ行こう!

巷では、釣りが流行りつつある?!ということで、今月はタンパベイエリアでアジやサワラやタイやヒラメが食べたい皆さんに朗報。初心者のための釣り情報です。

そもそも、アメリカで新鮮なお魚にありつくのはなかなか大変。今でこそ、美味しいお寿司屋さんに行けば食べられることは食べられるけど、とはいえやはり、釣りたてのお魚には敵いません。昆布や酢でしめたり、干物にしたり・・・最高です。

「純粋に釣りが好き!」なのか「新鮮なお魚を食べたいから釣る!」なのかにわかれますが、私はどちらかというと後者寄りのため、今回はスペシャルゲストとして、私が"釣りの師匠"と仰ぐ、前者の"釣りが好き"な、けんじさんとみゆきさんのお二人にインタビューしてみました。

shione fishing.jpg
fish.jpg

1)   タンパベイエリアで一番気に入ってる、頻繁に行く釣り場は?

けんじ:やっぱりFt Desoto Gulf Pierです。釣りをするためにできているので、水道とか魚をさばく場所もあり、トイレやスナックの店もあり、アジやサワラももちろんながらスナッパー、ヒラメ、シープヘッド、などなど色々釣れます。ただイルカが知恵をつけて獲物を盗むので注意。もたもたしてると盗られます。週末は混むかもしれないのでちょっと早めにスタートするのがお勧め。釣れなくても景色はいいし、ついでにビーチに行けるし。パークは$5ですが、フィッシングライセンスはこのピアでは要りません。

みゆき: やっぱりFt Desoto Gulf Pierかなー。

あや: Ft Desoto Gulf Pierの圧勝ですね。私ももっぱらここです。朝日を見ながら、最高に気持ちがいいです。Sky bridge (入場は有料)へ行く人も多いようです。Venice ビーチ で夕陽を見ながらの大アジ入れ食い10分間が私の最高の思い出なので、ベニスのインレットもどうしてもおすすめ。笑

2)   釣りをはじめたい人に教えてあげるとしたら、釣り具はどこで購入すれば?    

けんじ: だいたいの釣具はどこでもOK.ウォルマートだと安いし返品もしやすい。ただなぜかおもりが高い。初心者はGandyBaitみたいなファミリービジネスに言って教えてもらうのがいいかも。ちょっと高くても無駄なく買えると思う。

みゆき: ウォルマートが一番安くて結構何でも揃うし、いいと思う。

あや: こちらもウォルマートが勝利。個人的には、センピのサウスのウォルマートの品ぞろえがすごい。なかなかファンキーな場所にあるので、夜はやめて陽の出てる間に行きましょう。

3)   釣りをする際、気を付けることは? 釣り場の暗黙のルールなど、知らないと大変なことはありますか?

けんじ: 釣り針、ナイフなどを使うのでもちろん安全に気を配って。置きっぱなしのナイフがあって、子供連れのお母さんに睨まれたことある。仕掛けを投げる時は後ろを確認してから。ボーっとしてる観光客がイルカの写真撮ってるかも。あと、そこそこの魚の種類は調べた方がいいですね。サイズや季節のリミットがあるのや、持って帰ってはいけない種類もあるし、毒を持ってるものとか危ないし。うーん、そう考えるとすでに知っている人と一緒に行くのが無難かも。何事も人のまねから始めると失敗が少ないよね。そうでなければ、釣り場で近くの釣り人に聞きましょう。アジア系の人に聞かないと、アメリカ人は「そんな魚食べられない」って言われる可能性あり。アメリカ人は鯵食べない。

みゆき: ライセンスが必要だという事。ちなみにいらない釣り場もいっぱいあります。有料の場所は大抵必要なし。日焼け止め、飲み物、スナック準備。汚くなってもいい小さいタオルは便利。あと、常識として他の人の邪魔をしないこと。皆んな真っ直ぐ投げてたら、真っ直ぐ投げましょう。皆んなのスペースをリスペクトして、真横とかでは始めないよう。

あや: ライセンスは、ウォルマートの釣り具売り場で取れます。魚の種類によっては、小さすぎると絶対持って帰ってはいけないので、海にちゃんと返しましょうね!このサイズメージャーもウォルマートに売ってます(魚ごとに書いてあるから便利)

4)   釣りの醍醐味を語ってください!

けんじ: やっぱり健康的に外にでて、自然を楽しみながら運動ができて、さらに晩御飯が手に入る、ってこれ以上の趣味はないよ。

みゆき: あり過ぎて困ります。いっぱい釣れると嬉しいし、大きいの釣れたら最高だし、釣れなくても釣りに行けないより嬉しい。ピクピク引いて、来た来たー!って感じ、幸せの瞬間。針にかかってる魚が逆らってる手応え、たまりません。

 
海の男けんじ氏は、Aquarium Illusions という水槽・お魚のことならなんでも任せて!という会社を運営なさっています。State Fairの水槽のデザインのコンペティションで17年連のグランドチャンピオンというとんでもない経歴を保有し、この功績からExhibitの水槽のデザイン、はたまた水槽のDVDまで出ることになったすごい人。ご家庭でも水槽がほしい方は、彼に相談してみてください。キーライムをみた!といったら、きっと優しくしてもらえます(笑)

Aquarium Illusions
www.Kenjifish.com 
kenjifish@yahoo.com
(813)361-3592