フロリダ州タンパベイエリアで楽しく暮らすための情報ページ

マイアミ総領事館のサイトより


37日にタンパで一日領事館が開催されました。以前総領事館の業務内容について特集でレポートしたことがありますが、1ページではその内容を網羅はできません。折に触れ、豆レポート風に業務内容、連絡事項などを掲載して行きたいと思います。今月は、アメリカで生活するなかで、色々な問題、先月レポートしたハーグ条約、家庭内暴力などに悩む場合の相談についての情報をホームページより転載いたします。(http://www.miami.us.emb-japan.go.jp/jp/shinken.html#kateinai

家庭問題などの悩み

差し迫った危機の場合:警察(911)


米司法省内のサイト


(1) Directory of Crime Victim Services

   http://ovc.ncjrs.gov/findvictimservices/

(2) Office of Violence Against Women

   http://www.ovw.usdoj.gov/

(3) 州ごとのDV対策機関

   http://www.ovw.usdoj.gov/statedomestic.htm

(4) DVの定義 (日本と同様に、身体的な暴力のみならず、精神的なもの、性的なものも含まれます。)

   http://www.ovw.usdoj.gov/domviolence.htm


◎日本語利用可能な機関


(1) Asian/Pacific Islander Domestic Violence Resource Project

   http://www.dvrp.org/ (日本語のパンフ

(2) Asia Task Force Against Domestic Violence

   http://www.atask.org/site/ (24時間利用可能のヘルプライン(617-338-2355)。日本語対応可能)

(3) Asian Women’s Shelter

   http://www.sfaws.org/

(4) New York Asian Women’s Center

   http://www.nyawc.org/ (24時間対応のホットライン(1-888-888-7702)は日本語可能)


弁護士の検索:米国務省のサイトにおけるリーガルエイド紹介 

 http://travel.state.gov/abduction/incoming/legalaid/legalaid_4309.html#3


(注)上記リストは、一般的な情報提供として作成したもので、総領事館が紹介・斡旋するものではありません。これら機関とのトラブル等については、一切責任は負えませんので、あらかじめご了承の上、ご利用下さい。


日本におけるDV定義や支援策(配偶者からの暴力被害者支援情報) 

 http://www.gender.go.jp/e-vaw/index.html