フロリダ州タンパベイエリアで楽しく暮らすための情報ページ

生きた英語(動物の泣き声)


人間の言語は国によって違っても、動物は何処の国でも同じ鳴き声のはず。でも、その表現は国によって違います。アメリカの子供達なら誰でも知っていて、愛されている歌、Old MacDonald had a farmで動物の鳴き声を英語でどうぞ!(亀も鳴くんですね(゚_*)


Old MacDonald Had a Farm

Old MacDonald had a farm, EE-I-EE-I-O,

And on that farm he had a [animal name], EE-I-EE-I-O,

With a [animal noise twice] here and a [animal noise twice] there

Here a [animal noise], there a [animal noise], everywhere a [animal noise twice]

Old MacDonald had a farm, EE-I-EE-I-O.

1.chicken-cluck-cluck  2.Duck-quack

3.Turkey-gobble    4.Pig-oink,oink

5.Cow-moo,moo    6.Cat-meow,meow

7.Mule-heehaw    8.Dog-bow wow

9.Turtle-nerp, nerp


鳴き声対比:


鶏―コケコッコー→cock-a-doodle-doo(crow ,cluck)

犬―ワンワン→ bow wow

子犬―キャンキャン→yelp

猫―ニャンニャン→meow

豚―ブウブウ→oink

蛙-ケロケロ→croak

日本語では一般的に動物の場合、鳴き声とは別に、鳴く(吠える、さえずるなどありますが)と表現することが多いのですが、英語では動物の鳴き声がそのまま動詞として使われる場合が多いようです。(色々調べると面白いですね。