フロリダ州タンパベイエリアで楽しく暮らすための情報ページ

美容と健康 2013年1月号

lemon1.jpg

手作り酵素


数年前にミナさんに作り方を伝授して頂いてから必ずストックしてる手作り酵素の紹介です。一口で説明するとデトックス効果がある発酵したシロップの様なものです。タンパベイでも口コミで広がり健康維持の為に愛用してる方も多いです。


作り方は、続きへ


007.JPG

用意する物は、新鮮なオーガニックの果物や野菜、お家に果物の木のある方はその日に収穫された果物を使うとブクブクと泡の立った元気な酵素ができます。そして白砂糖です。他の糖類では駄目だそうです。酵素を作る過程で、白砂糖は発酵微生物の酵素によって分解されてブドウ糖と果糖に還元され本来の白砂糖では無くなります。配分は、果物1に対し1.1の白砂糖です。5kgの果物なら5.5kgの白砂糖。そして日本で買えるバイエムコーソという粉末です。新鮮なオーガニックの果物ならバイエムコーソは入れなくても大丈夫という声も聞きます。入手できない際は省いて下さい。ガラス容器、ザルなどの道具類は熱湯消毒しておきます。

紙面スペースに限りがあるので、ごく簡単に作り方を説明します。1日目の作業は素材の酸化を防ぐ為に手早くしましょう。

1)果物を皮ごと洗い小さめに切ります。

2)容器に、果物を入れて砂糖を入れます。材料が多い場合は果物、砂糖、果物、砂糖と重ねた方が後日、混ぜやすいので良いと思います。

3)翌日から 砂糖と素材がよく混ざり合うように12回、底から混ぜるように健康を願い愛情を込めて朝晩かき混ぜます。容器は密封はしないで保管。軽く布巾など乗せる程度でOKです。3日目にバイエムコーソを素材が5kgなら大匙2、3ほど入れます。

4)ほぼ1週間で泡がぷつぷつ出てきますので、ザルにあげて1日かけてこします。冷蔵庫で保管。

この酵素を水やソーダで割って飲みます。お湯割りは酵素が死んでしまうのでNG。イチゴ、パイナップル、バナナなどの果物にケールなどの野菜、マカ、スプリナやピュアシナジーなど粉末サプリを氷と水で割りミキサーで混ぜてスムージーにして飲むと美味しいですし元気が倍増します。また果物のカスは洗濯ネットに入れてお風呂に入れると体も温まりお肌スベスベに。お風呂で使用済みのカスを植木の土に混ぜれば良質の肥料になります。     


(シーハン三樹記)