フロリダ州タンパベイエリアで楽しく暮らすための情報ページ

生きた英語: 単数と複数

今年で滞米生活36年目の私ですが、未だに定冠詞・不定冠詞や複数・単数

の使い分け方が判らず、Editor(主人)のお世話になることがしばしば。 

この「単数・複数」に関して、とても役立つサイトに遭遇したので、

同サイトの要点を、ここで紹介させていただきます。 

(日向さん、ありがとうございます!)

*********

単数か複数かで迷う8つのケース

失敗例1: 複数名詞のようなもので単数形動詞で受けるものに、動詞の複数形を使ってしまう。

例文1: 1万ドルというのは大きなお金です。

X Ten thousand dollars are a lot of money.

○ Ten thousand dollars is a lot of money.

失敗例2: 単一の事物でも常に複数扱いなっているものを、動詞の単数形で受けてします。

例文2: 私のハサミはセキュリティーチェックで没収されました。

x My scissors was confiscated at the security checkpoint.

○ My scissors were confiscated at the security checkpoint.

失敗例3: Each of で始めておきながら複数形で受けてしまう。

例文3: 応募者は各自、質問票に記入するよう求められました。

× Each of the applicant were asked to fill out a questionnaire.

○ Each of the applicant was asked to fill out a questionnaire.

失敗例4:  集合名詞(単数扱い)を複数形動詞で受けてします。 

例文4: そのカップルは協会で結婚式を挙げるつもりでいます。

× The couple plan to get married in a church. 

○ The couple plans to get married in a church.

失敗例5: 複数扱いの名詞(例:people)を単数形で受けてしまう。

例文5: 職員全体の80%を超える者が自分の仕事に満足している。

× More than 80% of personnel was satisfied with their jobs. 

○ More than 80% of personnel were satisfied with their jobs.

失敗例6:  複数形の名詞に気を取られて、複数形動詞を使う。 

例文6: がっかりさせられたのは、自分の成績です。

× It were my grades that got me down. 

○ It was my grade that got me down.

失敗例7: There/Here で始まる文章で続く動詞に迷う。

例文7: このあたりには公衆電話はありません。

× There is no public phones around. 

○ There are no public phones around.

失敗例8:  数えられない名詞を複数形にして、動詞も複数形で受ける。

例文8: 情報は最新のものではありません。

× The informations are not up to date. 

○ The information is not up to date.

*********

以上、日向さんブログの抜粋部分をそのまま拝借いたしました。

詳しくは、下記リンクで繋がるページをご参照下さい。

日向清人さんブログ:

http://eng.alc.co.jp/newsbiz/hinata/2006/10/post_281.html 



hinata.jpg

(ページ担当: フィカラかこ)