フロリダ州タンパベイエリアで楽しく暮らすための情報ページ

試してガッテン失われゆく日本の健康食より

 

NHKの"試してガッテンシリーズ"は、目から鱗といった意外な発見や、

ユニークな観点からの番組で、これまでも番組から報告をご紹介しました。

今月号はなんと、伝統の発酵食品「酒かす」です。ご存知でしたか?

悪玉のLDLコレステロールの値を下げてくれたり、お通じを改善してくれたり

抜群の健康パワーを秘めていたんです。しかも、ビタミンB群アミノ酸など

栄養やうまみの宝庫だそう。アメリカでは入手がどちらかというと困難ですが、

時には「寿」においてあったりします試してガッテンのレポートをまとめてみました。

 

1.「酒かす」健康パワー

 

酒かすの健康パワーは、原料の米に含まれる「レジスタントプロテイン」

(消化されにくい蛋白質)これは、食物繊維の仲間で、特長は「油をガッチリ捕まえる事」。

酒かすは体の中では…レジスタントプロテインで、消化されにくいのでそのまま小腸へ。

そこで、コレステロールなど食品の脂質や食べた油を捕まえ消化吸収される事なく

体の外まで運び出されます。その為、LDLコレステロール値が低下。

また、便に含まれる脂質が増える事で、お通じが改善すると考えられます。

 

2.「酒かす」は“かす”にあらず!?

レジスタントプロテインは酒かすになってはじめて、その力が発揮されます。

米から日本酒を造る時、活躍するのが麹と酵母。米のデンプンやたんぱく質を分解し

アルコールや、うまみ成分のアミノ酸を作り出します。一方、レジスタントプロテインは、

周りを取り囲んでいた他の成分が分解されても、消化されにくい特性を生かして

酒かすの中に残ります。要は、レジスタントプロテインをむき出しにして油と

くっつきやすくし、かつ凝縮したものが酒かすです!酒かすには酵母もたっぷり

含まれるのでビタミンB2は米の26倍、B6は47倍。アミノ酸は583倍にも激増!

これからは酒かすなんて呼べなくなるかも!?

 

3.酒かす調理の方程式!

「酒かす」独特のクセを消し、うまみだけを引き出すオリジナルレシピが開発されました!

その方程式は「酒かす+油+塩=チーズ」チーズにあって酒かすにないものを足し

人の味覚をだまそうという作戦!街頭で、その酒かすクラッカーを試食してもらうと…

ほぼ全員がチーズの味がすると答えたそうです。実は酒かすとチーズは同じ発酵食品

なので香り成分に共通の物が多いのです。ちょっとした工夫で酒かすがほかの

発酵食品に大変身!「酒かす+豆乳+果物」でも実現

 

中国秘伝の味を実現などなど、中身の濃い情報が

いっぱい詰まっています!詳細は以下のサイトで!

http://cgi4.nhk.or.jp/gatten/archive/program.cgi?p_id=P20101124