フロリダ州タンパベイエリアで楽しく暮らすための情報ページ

Move Over Law

日本で初めて全国交通安全週間が実地されたのは1948年

(昭和23年)で、その背景には、戦時中減少した自動車事故量

に増大の兆しが見え、また交通事故も増加傾向にあったので、

何らかの対策を講じなければならない情勢があったそうです。

その4年後からは春季・秋季の年2回開催となり、今では春・秋

の風物詩の1つといっても過言ではないですよね? (^ ^)

MOVE OVER LAW

 

「Move Over, Slow Down」 (車線移動、減速

www.flhsmv.gov/SafetyTips/MoveOverTips.htm

 

3月初旬に友人のAちゃんから、「パトカーが停まってて、車線移動しな

かった・減速しなかったってチケット切られて罰金136ドルとられた!」

という話を聞いたとき、ちょうど1年前にFL運転免許を取得した友人

と、そのお手伝いをした私は、フロリダの道路交通法ハンドブックを

最初から最後まで2人でシッカリと勉強した(つもり・笑)、ので、

私:「え~、そんなんで捕まるん?」、 FL免許一年生の友人:

「え~ 、セブンイレブンで、休憩中の警察官に聞きに行き

たい~!」っと、Aちゃんの話に正直とても驚きました。

調べてみると、MOVE OVERというのは、配慮ではなくLAW

法律化されているものでした。

 

1996年から2000年の調べですが、フロリダ州の道路にて

路肩に停車している緊急車両にぶつかった数は、5年間で

なんと1793回、5人が死亡・419人が負傷。 作業中の警察官

や消防士・緊急医療隊員を二次災害等の危険から守るため、

フロリダでは2002年から施行されています。

 

同じ方向に走る車線が複数あるハイウェイを走っていて、

もし前方にライトを点滅しているパトカー・緊急車両等が

停まっているのが見えたら、安全を確認してなるべく早くその

緊急車両から離れた車線に移動する。 (例: 右側車線の

路肩にパトカーや緊急車両が停まってる場合、真ん中の車線や

左側車線に移動する。)

 

2車線の道路や、安全に車線変更できないようなら、とにかく

スピードを落とすか(法律では法定速度からマイナス20マイル)

あるいは、現場の警察等の指示に従うこと。

 

スピードリミット時速20マイルの道では、5マイルまでスピード

を落とす。

 

Move Over, Slow Down(車線移動して減速!)」 私自身も

含めてですが、罰金プラス3ポイント減点の違反になると知ら

なかった方が多いんじゃないでしょうか?

 

「道の安全は無事故からRoad Safety isno Accident」(国際

交通安全週間のスローガン) 。 春の交通安全運動として、

皆さんもいつも以上に安全運転を心がけてください。

 

コラム担当: なお子