フロリダ州タンパベイエリアで楽しく暮らすための情報ページ

3月の美容・健康

先日、主人が定期検診で腸内検査をしたのですが、MRIマシンの中で眠ってしまう私と違って、血を見ただけで自分の血の気が引いてしまう主人は、局部麻酔で済むところを、全身麻酔をリクエストして検診を受けました。

antibiotics.jpg

検査室に入った主人を待合室で一時間ちょっと待ったあと、看護婦さんに呼ばれて入ったリカバリー室のベッドで、麻酔が効いたまま、鼻に入っているはずの酸素チューブが口に入ったまま爆睡している主人は、いかにもヘルプレスで、「いつもこんなに純だったらなぁ・・・」などと、バチが当たりそうな事を思いながら彼の頭を撫でていたら、パッと目を開けて口にした言葉が "I like this drug!"

そこに入ってきた担当の看護婦さんが、主人のその一言を耳にして、「この薬、Diprivanって云って、今では『マイケル・ジャクソン・ドラッグ』って呼ばれてるのよ。」と、教えてくれました。そのあと、この看護婦さんと、色々な薬のトピックで話がはずみ、あれこれ話しているうちに、私が「抗生物質の乱用はコワイ!」と云うと、返ってきたのが、「私はこれで20年ほど、一度も抗生物質を摂ったことがない!」という彼女の応え。

聞くところに、彼女は具合が悪くてもお医者さんには行かないそうで、「あなたは病院で仕事をしているのに皮肉だね。」と、不謹慎ながらもリカバリー室で彼女と二人で声をあげて笑いました。しかし、マジな話、現代医学の進歩の反面、鼻水が出たら抗生物質、傷が化膿したら抗生物質、耳炎になったら抗生物質、と、時にはまだ母乳を飲んでいる幼児にまで処方箋が出る抗生物質は、摂れば摂るほど自分達の身体に備わっている免疫力を削りとっていくものなのだそうです。

そこで、どのようにしたら免疫力を増強できるのか、インターネットその他で少し検索してみて、どこにでも挙げられていたポイントの幾つかを、次に、順不同で箇条書きにします。


● 質の良い(これがキーワード!)睡眠を充分にとる
● 新鮮な野菜・果物を毎日の食生活に組み入れる (その他、
● 免疫力を高める食品は: キノコ類、海草類、根野菜、納豆などの
● 発酵食品、ヨーグルト等の乳酸菌食品、プロポリス、緑茶、等)
● 笑うこと (Yさんのブログの通りで『笑う門には福来る』!)
● ストレスをひかえる (瞑想も効果的ですよ)
● 適度な飲酒
● 喫煙をひかえる
● 腹八分目の食事摂取
● 無理の無い適当な運動
● 良質の水をたっぷり飲む
● 薬・抗生物質の乱用を避ける


ところで、免疫力を高める物質で最も古くから存在するものは何だと思いますか? その答えは。。。「母乳」です。 (^_^)

(フィカラカコ)


参考HP: www.menekiplaza.com/menekiryoku.html